ホーム 共栄火災について > コーポレート・ガバナンスの状況 > 社内・社外の監査・検査態勢

社内・社外の監査・検査態勢

社内の監査

当社は、業務運営の健全性と適切性を確保する観点から、監査役が取締役の業務執行に対して監査を行うとともに、業務執行部門から独立した組織である内部監査部が営業部門、損害サービス部門、本社部門等を対象とした内部監査を実施し、内部統制および内部管理態勢(リスク管理態勢を含む)等の適切性・有効性の検証と、検証により発見された課題に対する改善取り組みの状況をフォローアップすることにより、内部監査の実効性の確保に努めています。
また、内部監査結果については被監査部門に対して通知するとともに、定期的に取締役会等に報告しています。

社外の監査・検査

当社は、監査法人(新日本有限責任監査法人)による会社法・金融商品取引法に基づく会計監査を受けています。このほか、保険業法の定めにより金融庁および財務省財務局の検査を受けています。

ページトップ