スマートフォン版はこちら
ホーム 共栄火災について >  ニュースリリース >  2006年度 >  火災保険料算出の適正性にかかる点検について

2007年02月01日

火災保険料算出の適正性にかかる点検について

この度、弊社では火災保険料の算出の適正性に関し、以下のとおり点検を実施することといたしましたのでご報告いたします。
なお、点検の結果、誤りが判明した契約につきましては速やかに是正してまいります。
点検にあたりましては、物件の確認や不備があった場合の是正手続きなど、大変お手数をおかけすることになりますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

1.重点項目点検

火災保険の申込書に記載された情報から、保険料の適用誤りの可能性があると判断される契約について、重点項目点検として一斉点検を行います。

[1] 点検対象範囲
火災保険の構造級別適用、保険金額設定および各種割引適用の適正性について、以下のとおり点検します。

ア、

外壁のすべてがALC版等である木造建物の構造級別確認
外壁のすべてがALC版等である木造建物は、本来B構造(2級)として引き受けるべきですが、当該建物を誤ってC構造(3級)またはD構造(4級)として引受けを行っていないかの確認を行います。

イ、

2×4(ツーバイフォー)工法(枠組壁工法)の建物に対する適用料率の確認
2×4工法の建物について、「省令準耐火構造料率」または「2×4割引」の適用に誤りがないかの確認を行います。

ウ、

新建物更新総合保険におけるA構造共同住宅料率(マンション料率)の適用に関する確認
新建物更新総合保険において、A構造共同住宅料率を適用すべき契約について、誤って耐火料率(通常のA構造・B構造の建物に適用する料率)を適用していないかの確認を行います。

エ、

保険金額設定および各種割引適用の適正性に関する確認
上記アからウまでの点検対象契約について、契約時点において保険金額設定が妥当であったか(土地代等を含めた超過保険となっていないか等)および適用すべき割引を正しく適用しているかの確認を併せて行います。

[2] 点検方法
点検対象契約について物件を確認し、所定のチェックシートや確認資料等により点検を行います。

[3] 点検完了予定時期
2007年3月末を目処に点検完了を予定しています。

2.火災保険契約更改時における点検

火災保険契約の更改時等において契約内容全般に関する点検を行います。

[1] 点検対象範囲
火災保険の全保有契約を対象に、以下の保険料算出に係わる項目等の点検を行います。

保険の対象 評価方法・評価額
建物や家財等の所在地・所有者 保険金額
建物の用途 地震保険の加入の有無
建物の構造 割引の適用         等

[2] 点検方法
所定のチェックシートや確認資料等により点検を行います。

[2] 点検完了予定時期
2007年4月以降、順次点検を開始し、1年を目処に点検完了を予定しています。

以上

ページトップ