スマートフォン版はこちら
ホーム 共栄火災について >  ニュースリリース >  2014年度 >  2014野尻湖カップトライアスロン・ジャパンオープンに協賛

2014年07月18日

2014野尻湖カップトライアスロン・ジャパンオープンに協賛

全国から377名の鉄人が野尻湖に集結!第1回大会から25年間継続して協賛

 共栄火災海上保険株式会社(本社:東京都港区新橋1-18-6、社長:杉中 洋文)は、去る7月6日(日)に、長野県上水内郡信濃町の野尻湖で開催された「2014野尻湖カップトライアスロン・ジャパンオープン」に協賛しました。この大会は1990年から開催されており、今年で25回目の開催となります。当社はスポーツ・文化支援活動の一環として第1回大会より協賛を続けています。

 競技には、個人の部に318名、リレーの部に20チーム・59名の合計377名が参加、豊かな自然の中で野尻湖を泳ぐスイム1.5km、湖畔を3周するバイク45km、そして黒姫山麓を走るラン11kmの3種目で競われました。
 個人総合では、地元長野県の萩野貴史選手(38歳、長野県)が2時間27分01秒で見事初優勝を果たし、女子個人総合では、KIZU JO選手(42歳、愛知県)が2時間56分27秒で優勝しました。

 本大会は、信濃町の多くの町民が軽食や飲料の補給所や交通整理などでボランティアとして参加するなど、信濃町の地域振興的な恒例行事としてすっかり定着しています。当社はこのように地域が一体となって開催されるトライアスロンや市民マラソンなどのスポーツ・文化活動の支援に力を入れており、今後もこの種のイベントを積極的に支援していく予定です。

ページトップ