ホーム 共栄火災について > 社会とともに歩む > “義理チョコ、あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金

ともに生きるための活動 “義理チョコ、あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金

“義理チョコ、あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金

職場で、なかば儀礼的となっているバレンタインデーの義理チョコとホワイトデーのお返しを、もっと有意義な目的に使えないかと女性社員有志が発起し、1993年から「“義理チョコ・あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金」を実施しています。これは義理チョコをあげたつもりで、また、ホワイトデーにお返ししたつもりで一口500円をチャリティとして募金する活動です。

毎年集まった募金は、マリ共和国(西アフリカ)の難民キャンプを支援するために、NGO(民間ボランティア組織)「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」を通じて井戸や学校、医薬品倉庫の建設、砂漠化防止のための植林等に活用されています。なお、近年では主に水田づくりのために活用されています。

“義理チョコ、あげたつもり・もらったつもり”バレンタイン・チャリティ募金の沿革

1993年2月 第1回 約201万円を井戸掘りの資金として寄付
1994年2月 第2回 約201万円を学校兼医薬品の保管庫「くすりハウス」の建設資金として寄付
1995年2月 第3回 約112万円を「くすりハウス」の中に入れるランプ、黒板などの備品購入資金として寄付
1996年2月 第4回 約130万円を西アフリカの植林費用として寄付
1997年2月 第5回 約150万円を西アフリカの植林費用として寄付
1998年2月 第6回 約128万円を西アフリカの植林費用として寄付
1999年2月 第7回 約110万円を西アフリカの植林費用として寄付
2000年2月 第8回 約115万円を西アフリカの植林費用として寄付
2001年2月 第9回 約96万円を西アフリカの植林費用として寄付
2002年2月 第10回 約84万円を西アフリカの植林費用として寄付
2003年2月 第11回 約79万円を西アフリカの植林費用として寄付
2004年2月 第12回 約52万円を西アフリカの植林費用として寄付
2005年2月 第13回 約60万円を西アフリカの植林費用として、またスマトラ島沖地震災害の救援募金として約58万円を寄付
2006年2月 第14回 約69万円を西アフリカの植林費用として寄付
2007年2月 第15回 約174万円を西アフリカの植林費用および医薬品購入費用として寄付
2008年2月 第16回 約227万円を医薬品の保管庫兼学校「くすりハウス」の建替えおよび医薬品の購入費として寄付
2009年2月 第17回 約255万円を西アフリカ地域の水田づくりの費用として寄付
2010年2月 第18回 約150万円を西アフリカの水田づくりの費用として、またハイチ大地震の支援金として寄付
2011年2月 第19回 約180万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付
2012年2月 第20回 約190万円を西アフリカの水田づくり費用として、また東日本大震災の被災地支援を目的に寄付
2013年2月 第21回 約170万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付
2014年2月 第22回 約155万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付
2015年2月 第23回 約164万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付
2016年2月 第24回 約156万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付
2017年2月 第25回 約170万円を西アフリカの水田づくり費用として寄付

現在までの総合計 約3,600万円

「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」について

「マザーランド・アカデミー・インターナショナル」について「命の等しさ尊さを行動で子どもたちに伝える母の会」として1982年に創設。東京都品川区に本部を置くNGO(民間国際ボランティア組織)。国連が指定する「最貧国」の1つである西アフリカ地域への確かな支援ルートを持っており、年間約10便(船便)で物資を送っています。
子供たちによる『緑の革命事業(木々は砂漠を潤し、教育は未来を潤す)』をテーマとして取組んでおり、植林場には必ず水田、農園、水源、学習所などをセットで建設するよう指導、人々が都市へ集中せず、砂地の村落を守っていけるよう、母親と子供たちとともに活動しています。

共栄火災を知りたい


ページトップ