ホーム 共栄火災について > 社会とともに歩む > Kyoei Safe Water For Children プロジェクト

ともに生きるための活動 熱気球「まもるくん号」による係留飛行ボランティア


私たちの暮らす先進国では、水道の蛇口をひねれば、 きれいな水が出てきます。
しかし、いまだ世界には、生きるために必要な「安全な水」さえ 手に入れられない人々が、約6億6,300万人もいます。

汚れた水が多くの幼い子どもたちの命を奪っていく・・・・ 不衛生な水を口にすることで下痢や感染症を引き起こし、 幼い子どもたちの“かけがえのない命”が奪われている現実があります。

共栄火災海上保険(株)は社会貢献活動の一環として、公益財団法人日本ユニセフ 協会を通じ、自動車保険(ノンフリート)新規・継続契約1件につき、約30ℓの不衛生 な水を安全できれいな水にできる浄水剤を途上国の子どもたちに届けます。

(注)所有・使用されているお車のご契約台数が9台以下のノンフリート契約のお客さまを対象とします。









KAPくるまる

共栄火災を知りたい


ページトップ