ホーム 共栄火災について > 採用情報 > アジャスター社員採用情報

アジャスター社員採用情報

  • TOP
  • アジャスターの仕事
  • キャリアと研修
  • 採用データ

アジャスターの仕事

事故車の損傷を調査・検証し、適正な修理費の認定を行い、
お客様に安心を提供する。それがアジャスターの仕事。

自動車事故が起こったとき、正確な事故状況の調査や修理費の適正な認定、スムーズな示談交渉などの業務を担当するのが「アジャスター」です。アジャスターは、豊富な修理技法や工学的な知識を活かしながら、クルマ社会を最前線で支えるプロフェッショナル。クルマの損傷状態やスリップ痕などから、衝突速度や衝突角度など事故状況を解析し、事故の内容と原因を調査していきます。
そこではさまざまなクルマの構造、機能、修理技術や修理計画立案技術、事故解析の基礎となる物理、力学に関する知識など、専門的なスキルが必要となります。また、クルマの進化は日進月歩であり、これに伴い新たな修理技術も次々と開発されます。一方で進化したクルマによる事故は複雑多様化する傾向にもあります。これらに対応し適正な修理費の算出や確実な事故解析を行うために、アジャスターは絶えずスキルアップすることが不可欠であり、当社はキャリアに応じた定期的な研修が受講できるよう体制を整えています。

アジャスター社員の業務の内容

アジャスターとは

一般社団法人日本損害保険協会に加盟する保険会社の「保険事故」の損害調査業務を行うもので、同協会にアジャスター登録された者をいいます。

車両損害調査 事故損傷車両復元に要する修理費の調査・認定を行う業務。
整合性の調査 事故の内容と車両の損傷状況が整合しているかを
事故状況調査等により精査する業務。
示談交渉業務 物損事故の示談交渉、示談協力、示談援助などの折衝業務。

アジャスターに密着!

共栄火災を知りたい


ページトップ