ホーム ご契約にあたって > ご契約手続き > クーリングオフについて

クーリングオフについて

ご契約に関してご納得いただけない場合は、クーリングオフを行うことができます。クーリングオフを行う場合には、お客さまがご契約を申し込まれた日、またはクーリングオフに関する説明が記載された書面を受領された日のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内(消印有効)に弊社(クーリングオフ担当)宛に必ず郵便にて ご通知ください。
(記載方法につきましては、下記書面記入例をご参照ください。ご契約を取り扱った共栄火災代理店・扱者では、クーリングオフのお申出を受け付けることはできませんのでご注意ください。)
クーリングオフを行った場合には、すでにお払込みいただいた保険料はすみやかにお客様にお返しいたします。また、共栄火災および共栄火災代理店・扱者は、お客さまにクーリングオフによる損害賠償または違約金は一切請求いたしません。
ただし、クーリングオフのお申出時にすでに保険期間が開始している場合には、保険期間の開始日からご契約の解除日までの期間の保険料相当額をお支払いいただく場合がございます。

クーリングオフの対象となる保険

クーリングオフの対象となる保険は、以下の保険で「保険期間が1年を超える個人分野の保険」(財形保険を除きます)になります。

  1. 積立保険(建物更新総合保険、積立家族傷害保険 等)
  2. 自動車保険
  3. 火災保険(個人用火災総合保険、店舗総合保険、普通火災保険 等)
  4. 傷害保険(海外旅行保険、こども総合保険 等)
  5. 医療保険
  6. がん保険
  7. 賠償責任保険(個人賠償責任保険、ゴルファー保険)
  8. 動産総合保険 等

ただし、契約内容により対象とならない場合があります。下記「クーリングオフできない場合」をご参照ください。

クーリングオフできない場合

次のご契約は、クーリングオフはできませんのでご注意下さい。

  1. 保険期間が1年以下のご契約
  2. 営業または事業のためのご契約
  3. 法人または法人でない社団・財団等が締結されたご契約
  4. 金銭消費貸借契約その他の契約の債務の履行を担保するためのご契約(保険金請求権に質権が設定されたご契約等)
  5. 第三者の担保に供されているご契約
  6. 「通信販売に関する特約」により申し込まれたご契約
  7. 賃貸借契約等により契約が義務づけられている借家人賠償責任条項を付帯した家財一式を保険の対象としたご契約
  8. 自動継続特約により自動的に継続となったご契約
  9. 法令で加入を義務付けられたご契約

なお、すでに保険金をお支払いする事由が生じているにもかかわらず、そのことを知らずにクーリングオフをお申出の場合は、そのお申出の効力は発生しないものとします。

クーリングオフ記入方法について

クーリングオフされる場合には、次の事項を記入のうえ、下記共栄火災あてに必ず郵送してください。

<あて先>
〒179-0075 東京都練馬区高松5の8の20 共栄火災海上保険株式会社 クーリングオフ担当 行

記入例

ページトップ