ホーム ご契約にあたって > 保険のしくみ

保険のしくみ

保険制度

保険制度とは、偶然の事故による損害を補償するために、多数の人々が統計に基づくリスクに応じた保険料を支払うことによって、事故が発生し損害を被った場合に、保険金を受け取ることができるしくみです。
このように保険には、「大数の法則」に基づいて相互にリスクを分散し、経済的補償を行うことにより、個人生活と企業経営の安定を支える社会的機能があります。

損害保険契約の性格

損害保険契約とは、保険会社が一定の偶然の事故によって生ずることのある損害を補償することを約束し、その対価として保険契約者が保険料を支払うことを約束する双務・有償契約です。また、当事者の合意のみで成立する諾成契約の性格を有しますが、多数の保険契約を迅速・正確に引き受けるために、一定様式の保険契約申込書により申し込みを受け付け、契約締結の証として保険証券または保険引受証を作成・交付するのが一般的です。

保険料(保険料率)

損害保険契約の保険料算出の基礎となる保険料率は、当社が金融庁の認可を取得して、または金融庁に届出を行ったうえで使用しています。保険料は、将来の保険金の支払いに充てられる純保険料と、保険会社の運営に必要な経費や代理店手数料に充てられる付加保険料から成り立っています。
なお、自動車保険・火災保険・傷害保険については、損害保険料率算出機構が純保険料率を算定して当社を含む会員保険会社に「参考純率」として提供しています。当社は、その「参考純率」を使用して独自に保険料率を決定しています。また、自動車損害賠償責任保険と地震保険については、損害保険料率算出機構が営業保険料率を「基準料率」として算定して当社を含む会員保険会社に提供しており、当社を含む会員保険会社は、その「基準料率」を使用しています。

保険料即収の原則について
損害保険契約の保険料は、原則として保険契約締結の際にお支払いいただくことになっており、これを「保険料即収の原則」といいます(保険料を分割でお支払いいただく等、特約に別の定めがある場合には、この原則は適用されません)。

保険約款

保険約款とは、保険契約の具体的な内容を定めたものです。保険約款には、保険商品ごとに一般的・標準的な契約内容を定めた普通保険約款と、その内容を補充・変更・限定する特別約款・特約とがあります。
保険約款には、保険金をお支払いする場合、保険金をお支払いできない場合、保険金のお支払い方法(評価額に対する保険金額の割合により支払保険金を削減することや一定金額以下の損害に対して保険金をお支払いしないこと等を定めているものもあります)、ご契約の無効・失効・解除の事由、ご契約時・ご契約後にお知らせいただく事項(告知・通知義務)等が定められています。

ご契約のしおりやパンフレット等について
保険の内容とともにご契約時・ご契約後の注意事項を記載した「ご契約のしおり」や、商品をわかりやすく説明した「パンフレット」等を用意しています。ご契約の際は、補償内容はもちろん、保険金をお支払いできない場合、保険金のお支払い方法、ご契約の無効・失効・解除および解約、告知・通知義務等の内容について十分にご確認ください。

再保険

再保険とは、保険会社の経営を安定させることを主な目的として、自社が引き受けた保険責任の一部を他の保険会社に引き受けてもらうしくみ、いわば保険会社が入る保険のことです。再保険を他の保険会社に引き受けてもらうことを「出再」、逆に、他の保険会社から引き受けることを「受再」といいます。
保険会社においては、例えば大型船舶の事故や地震・台風などの自然災害等により、巨額の保険金支払いが発生することがあります。このような場合に備え、それぞれの保険契約リスクの特性や集積状況等に応じて国内外の他の保険会社に出再を行うことで、安定した保険事業運営を可能にしています。
当社では、出再にあたり、確実に再保険金の回収ができるよう、出再先を外部格付機関による一定以上の格付を有する保険会社に限定しています。また、受再については、引受を行う保険の種類、保険リスクの所在国、再保険契約形態および引受最大責任額等に関するガイドラインを定め、慎重かつ限定的な引受を行っています。

ページトップ