ホーム ご契約者様へ > もしも事故が起きたら > 自動車の保険 > 事故現場における対応

事故現場における対応

賠償事故

傷害事故

車両事故

自賠責保険

事故現場における対応

主な過失割合

保険金をお支払いできない主な場合

自動車保険の事故サービス

負傷者の救護

負傷者の救護が最優先です。救急車を呼ぶ等状況に応じて適切に対応しましょう。頭や首を強く打った恐れがある場合は、むやみに動かさないようにしましょう。軽いけがの場合でも、病院まで付き添い、診察を受けてもらいましょう。

負傷者の救護

危険の防止

二次的な事故を防ぐため、事故車両を安全な場所に移動させ、安全な場所に避難しましょう。やむを得ず路上に停止する場合は、停止表示器材・発煙筒にて後続車に合図しましょう。(夜間の事故の場合は、さらに非常点滅表示灯や駐車灯・尾灯を点灯しましょう。)

危険の防止

警察署等への連絡

軽微な事故や単独事故であっても、必ず警察に事故の届出をしましょう。特に人身事故の場合は、「人身事故扱」の届出をしましょう。警察署・交番名、担当官、電話番号、人身事故扱・物件事故扱の別を確認してください。

警察署等への連絡

相手方の確認

加害事故・被害事故にかかわらず、免許証などで事故の相手方の住所、氏名、勤務先、連絡先、登録番号等を確認しましょう。相手方に保険会社がある場合は、保険会社・証券番号・契約者名・連絡先を確認してください。

相手方の確認

目撃者の確保

事故の目撃者がいる場合は、住所・氏名・連絡先を確認し、後日の証言を依頼しておきましょう。

目撃者の確保

事故状況の記録

記憶が薄れないうちに現場の見取図や事故の起こった経緯をメモしたり、写真を撮っておくことも役に立つでしょう。双方の信号・標識・スピード・一旦停止の有無などを確認しておきましょう。

事故状況の記録

現場における約束

後日法外な請求をされることもありますので、「修理代・治療費は全額負担します。」といった約束はせず、「保険会社と相談してからにさせてください。」といったようにお答えください。

現場での約束

事故車両の搬送

事故車両を最寄りの修理工場に搬送してください。走行できないときはレッカーを依頼しましょう。共栄火災では提携する修理工場・レッカー業者を手配しています。

事故車の搬送

医師の診断

事故直後はたいしたことはないと思っても、あとで意外に重傷だったということになるかもしれないので、できるだけ医師の診断を受けるようにしましょう。

医師の診断

ページトップ

賠償事故

傷害事故

車両事故

自賠責保険

事故現場における対応

主な過失割合

保険金をお支払いできない主な場合

自動車保険の事故サービス

ページトップ