共栄火災は、2019年5月31日に、がんに関する正しい知識の普及・啓発を支援するため、国立研究開発法人 国立がん研究センターと「がん情報の普及啓発に向けた包括的連携に関する協定」を締結しています。
共栄火災は、2019年5月31日に、がんに関する正しい知識の普及・啓発を支援するため、国立研究開発法人 国立がん研究センターと「がん情報の普及啓発に向けた包括的連携に関する協定」を締結しています。

現在、国民の2人に1人ががんに罹患し、その罹患数は、社会の高齢化に伴い増え続けると言われています。
一方で、早期発見、早期治療により「がんは治る時代」とも言われており、がんに関して正しい知識を持ち、その知識に基づいて早期に行動することが大切になっています。

以下では、国立がん研究センターから発信されているがん予防・がん治療に役立つさまざまな情報をご紹介しています。

がんリスクチェック
国立がん研究センター 社会と健康研究センターが過去の調査を分析し、どのような生活習慣ががんや他の病気の発症に繋がりやすく、また生活習慣病にかかるリスクを軽減できるのかを、一般の方にもわかりやすい形のコンテンツにまとめたウェブイトです。生活習慣に潜むがんリスクをチェックすることができます。
がんの冊子
がん対策情報センターでは、「がんの冊子」として、がんが疑われている方やがんと診断を受けた方、そのご家族などへ向けて、病気や治療について知っておいていただきたい情報をまとめた冊子を提供しています。こちらのサイトでは、実際の冊子の内容を閲覧したり、印刷したりすることができます。
がんの相談窓口「がん相談支援センター」
全国のがん診療連携拠点病院などに設置されているがんに関する相談窓口を紹介しています。
また、フリーダイヤルの相談サービスも提供しています。
がんのことならがん情報サービス
「がん情報サービス」は、国立がん研究センターがん対策情報センターががんの情報を発信しているウェブサイトです。
ページトップ