お役立ち情報/情報ものしり帖

福祉鶏舎の導入
家畜の飼育にも福祉の考えを取り入れる「家畜福祉」が西欧で浸透しつつあります。EU(欧州連合)は2013年から、鶏の狭いケージ(かご)飼いを全廃する方針ですが、日本でも同様の「福祉鶏舎」を導入する養鶏業者が出てきました。ただ、生産コストがかさむため卵の値段は高く、「安い卵か、鶏の幸せか」、消費者にとって悩ましい問題が突き付けられています。

福祉を重視した採卵鶏舎のイメージ(イラスト)

埼玉県寄居町の山林にロッジのような木造建物があります。丸一養鶏場が経営する、福祉を重視した採卵鶏舎「ナチュラファーム」(約7000羽、面積約850平方メートル)です。鶏舎では屋根付きの広場でたくさんの鶏が歩き回っています。床におがくずがたっぷりと敷かれ、排せつ物もにおいもありません。鶏舎はこのほか▽屋外の運動場▽止まり木のある休息エリア▽餌を食べたり水を飲む給餌給水エリア▽産卵エリアの五つのエリアから成ります。

同社は「冬場は鳥インフルエンザに感染する恐れもあるので、鶏は屋内の広場で遊んでいます。金網が張ってあり、外から(感染源になりうる)スズメなどが侵入することはありません」と話します。

「ウチも環境改善してよ!」養鶏場作業員に要望するニワトリ(イラスト)鶏たちは舎内を自由に動きます。奥では多くの鶏が止まり木に止まっています。朝になると産卵場所に行き、卵を産みます。通常の大規模な鶏舎は、薄暗い人工照明の中で4〜8段の四角いケージに鶏がびっしりと飼われています。鶏が自由に動く空間は少なく、3.3平方メートルあたりの飼育数は60〜100羽前後。これに対し、ここでは3.3平方メートルあたり25羽程度です。

同社は、産卵場所と遊ぶ場所を分けるなどドイツ方式の福祉鶏舎をスイスで見て、導入を思い立ちました。06年秋、ドイツから技師を招き、鶏舎を完成させました。建設費は1億円を超え、通常の鶏舎の3倍以上かかりました。

鶏を広い空間で飼育するだけなら、開放鶏舎で飼う平飼いがあります。しかし、これだと鶏のふんが床にたまったり、ネズミなどが入る問題があります。「ドイツ方式の鶏舎なら、安全管理面で優れている」(同社)といいます。

卵は自然食品店などに卸します。価格は1個あたり約60〜100円と高くなりますが、「設備費もかかるためもうからない」ということです。同社は通常のケージ飼い卵も大量に出荷しており、福祉鶏舎は実験的な取り組みにとどまっています。

農林水産省は福祉基準の導入を検討していますが、具体策は出ていません。国際機関のOIE(国際獣疫事務局)は2010年にも国際的な家畜福祉指針を作成する予定です。西欧の家畜事情に詳しい松木洋一・日本獣医生命科学大学教授は「欧米では家畜への考え方が大きく変わり始めた」と話し、いずれ日本も対応を迫られると見ています。

毎日新聞生活家庭部

Copyright© 2003 - 2008 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2008年時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。