お役立ち情報/情報ものしり帖

練り歯磨き
毎日、だれもが手にする「練り歯磨き」。薬局などの店頭には、さまざまな効果をうたう商品が数多く並んでいます。けれども、使い慣れたものを漫然と選んだり、家族で同じものを使っているケースも多くみられます。最近全面改良したおなじみの練り歯磨き二つを比較しました。

家族4人で同じ歯磨き粉(イラスト)日本歯磨工業会によると、07年の練り歯磨きの国内出荷額は、前年比7.2%増の676億9875万円。出荷個数はここ数年ほぼ横ばいですが、歯周病や口臭予防といった機能を高めた単価の高い商品が伸び、市場を広げています。

花王の「クリアクリーン」は3月下旬、2年半ぶりにリニューアルしました。歯と歯のすき間にたまる歯垢(しこう)に着目し、日本で初めて「くだける顆粒(かりゅう)」を配合して人気を集めています。

採用したのは、歯ブラシの毛先に力がかかった瞬間、細かくくだける新開発の「ミクロクラッシュ顆粒」です。従来より粒が細かく砕けるため、歯のすき間の奥まで素早く入り込み、より効果的に歯垢を落とせるようにしました。顆粒の量も従来より約2割アップし、歯の「つるつる感」がさらに実感できるようになったといいます。殺菌剤(塩化ベンゼトニウム)も配合して歯垢の原因を元から絶ち、歯肉炎や口臭も防げるようにしました。

「健康な歯が一番!」「やっぱり白い歯や」自分に合った歯磨き粉(イラスト)ライオンは、81年の発売以来多くの人に支持されてきた「クリニカ」を1年7カ月ぶりに全面改良し、07年9月に発売しました。79年に日本で初めて歯垢を分解する酵素として厚生省(現・厚生労働省)から認可を受けた「デキストラナーゼ」を唯一配合しているのが最大の特徴です。

酵素は歯ブラシの毛先の2万分の1という分子レベルの大きさで、歯垢の構成物質「グルカン」を化学的に分解・除去します。物理的に歯垢をかき出すのではなく、隠れた歯垢にしっかり届くのがロングセラーの秘密です。今回は洗浄成分のSHC(炭酸水素ナトリウム)を配合し、歯垢の除去率をさらに高めました。

両ブランドとも、紹介した主力商品のほか「虫歯予防」や「歯の白さ」に特化した高機能の練り歯磨きもあります。「口内ケア」への消費者の関心は年々高まり、専用の歯ブラシや洗口液もそろえています。

歯の悩みや口内の状態は一人一人違います。自分の状態を見きわめ、これまでと違った商品を試してみると、歯磨き効果がアップするかもしれません。

毎日新聞生活家庭部

Copyright© 2003 - 2008 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2008年時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。