お役立ち情報/情報ものしり帖

就職活動、成功のカギ
2010年度入社に向けて学生たちの就職活動が始まっています。この数年、多くの企業が求職者に「コミュニケーション力」を求めています。ところが、具体的にはどんな力を指すのでしょうか。

職場でのコミニケーションとは?企業「協調性」大学生「みんなと仲良く」(イラスト)

<1>多様な対人関係能力
学生を対象にした就職活動情報サイト「就活ナビ」を運営するダイヤモンド・ビッグ&リード(東京都港区)。同社が大学生・大学院生3121人、593企業を対象に実施した「採用・就職活動調査」08年版によると、企業側が採用選考で重視するのは「対人コミュニケーション力」が最多の77%。次いで「仕事への意欲、興味」(64%)、「向上心」(57%)の順でした。大学生も「コミュニケーション力」が大切だと考える人が一番多かったけれど、その割合は46%でした(複数回答)。

同社営業企画室は「学生が考えるコミュニケーション力と、企業が求めるコミュニケーション力には距離があるようだ」とみています。学生は「話す力」「人と仲良くする能力」ととらえがちですが、企業は、職場内における上下関係や顧客との接し方、チームで仕事をするときの協調性など、さまざまな場面での対人関係能力を求めているようです。

<2>的確な意思疎通の力
コミュニケーション力を磨きたい——そんな学生のニーズにこたえる講座を設ける大学も出てきました。

東京都千代田区の法政大学では、1、2年時からコミュニケーション力に着目したキャリアセミナーを開催。同大学キャリアセンターは「自分の気持ちを相手にきちんと伝えるとともに、相手が言いたいことを理解できる力は一朝一夕には育たない」と狙いを説明します。セミナーでは、会話の基本的なマナーをはじめ、さまざまな対人関係をロールプレーで学んでいます。

あいさつ、声かけ、方法目標(イラスト)

<3>互いの信頼力、人間力
コミュニケーション力は円滑な人間関係だけでなく、企業内のメンタルヘルス向上にも重要な役割を果たしています。

財団法人「社会経済生産性本部」(東京都渋谷区)のメンタル・ヘルス研究所によると、組織全体のコミュニケーション力と働く人の心の健康度は比例します。同研究所が発行している「産業人メンタルヘルス白書08年」の調べでは、「声かけ」「あいさつ」「方針目標」の3点がきちんと行われている職場は、そうでない職場に比べ、心の病を訴える人が少なかったそうです。

「声かけ」は情報収集や仕事の進み具合の管理、部下の指導につながってきます。「あいさつ」は互いの気持ちの交流を促し、「方針目標」は、組織全体の目的を明確にすると同時に、一人一人がすべきことがはっきりと分かる効用があるのです。

「この3点はコミュニケーション能力そのもの。コミュニケーション力は、情報や言葉のやりとりだけではなく信頼力、人間力そのものといえる」だそうです。

毎日新聞生活家庭部

Copyright© 2003 - 2008 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2008年時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。