お役立ち情報/情報ものしり帖

コンセント火災にご用心
日常の暮らしに潜む危険の一つに、コンセントからの出火による火災があります。身の回りの家電製品が増えるなか、安全に使えているかチェックしたいものです。

飼い犬が電気コードを噛む様子(イラスト)東京都目黒区のマンションで今年6月、就寝中の父娘2人が逃げ遅れて死亡する火災がありました。警視庁によると、和室のコンセント付近の燃え方が最も激しく、コンセントに複数のプラグをつなぐ、いわゆる「たこ足配線」の状態で、電気コードも古かったようです。05年12月に茨城県で起きた火災は、ペット用電気カーペットの電源コードを飼い犬がかんでショートしたのが原因で住宅が全焼、1人が死亡しました。北海道では06年5月、電気ポットのコードが過熱でショートし、住宅の一部を焼きました。コードは長期間束ねたままでした。

コンピューター機器などの普及で、コンセントから離れた場所でも複数の電源を同時にとれる「テーブルタップ」を使う家庭が増えています。気をつけたいのが電気の容量です。一つのコンセントやタップで使える容量は、経済産業省の技術基準で「15アンペア(1500ワット)以下」と規定され、これを超えると過熱し、発火の原因になりやすいのです。

たこ足配線のタップから煙が出る様子(イラスト)独立行政法人・製品評価技術基盤機構(NITE)の実験では、13アンペアのホットプレートを許容電流7アンペアのタップに接続したところ、約25分後にコードから発火しました。発火個所はコードを束ねた部分で、コードの表面は180度に達していました。

容量オーバーを招く一因は、テーブルタップを二つ以上連結させたり、小型のタップを差し込んで使うたこ足配線です。NITEが04年度以降、消防署や業者の依頼で調べた火災・事故のうち、たこ足配線や束ねたコードが原因だったものは39件あり、うち7件で死傷者が出ています。

埃を掃除する様子(イラスト)コードの扱い方も注意が必要です。配線器具メーカーなど約70社で作る社団法人・日本配線器具工業会(日配工)によると、途中で束ねる▽リールで巻く▽留め具で壁に固定▽家具やカーペットの下敷きにする——は過熱や損傷の原因になります。また、コードをコンセントから抜く際には、無理に引っ張るとプラグやコードを傷めるため、必ずプラグ本体を持つようにします。

コンセントやプラグの周りについたほこりが発火の原因になる「トラッキング」と呼ばれる現象もあります。長い間プラグを差したままにしていると、たまったほこりに水滴や湿気が加わり、電気が通る状態になり、そこから放電を起こし、発火します。

東京消防庁によると、トラッキング火災は97年の55件から、10年後の07年は82件に増えました。NITEの担当者は「シーズンオフなどで家電製品を使わない時は、電源プラグをコンセントから抜く。特に湿気の多い時期は、ほこりを乾いたハケ状のもので必ず取り除いて」とアドバイスしています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2009 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2009年時点の情報であり、最新の情報と異なる場合があります。