お役立ち情報/情報ものしり帖

増える「墓マイラー」
歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人を「墓マイラー」と言います。歴史好きの女子「レキジョ(歴女)」やウオーキングブームにも後押しされ、楽しむ人が増えています。

志賀直哉のお墓(イラスト)東京都心にある港区の「青山霊園」を訪ねてみました。1874年に初の国営墓地として開園(現在は都営)し、後藤新平や乃木希典、吉田茂ら数多くの著名人が眠っています。霊園は一般公開され、入り口の管理事務所で著名人58人の墓を記したガイドマップが無料でもらえます。マップの「墓所番号」を頼りに墓を探しますが、園内は簡単な標識しかなく、初心者にはかなり難しいようです。

作家の志賀直哉は、墓所番号「第2号1種イ11側2番」です。遺骨は80年に盗難が判明し今も見つかっていません。近くには歌人の斎藤茂吉と維新の志士、大久保利通の墓がありました。簡素な茂吉の墓と対照的に、利通は戒名などを刻む「竿石」部分だけで5メートルはあろうかという巨大な墓。暗殺された時に乗っていた馬車の馬の墓もありました。生前の生き方や死生観を反映してか、政治家や実業家、軍人は大きく立派な墓が多く、文学者や芸術家は、そそとしたたたずまいの物が多いようです。

大久保利通のお墓(イラスト)忠犬ハチ公の飼い主、上野英三郎・東京帝大(現東大)教授の墓もありました。隣にハチ公の碑が建ち、ハリウッド映画「HACHI」が公開されたこともあり、真新しい花束がいくつも供えられていました。

墓はあくまでも慰霊の場所で、静かに故人をしのぶのがマナーです。カラスが食べ散らかす供え物は避け、花や線香程度にしましょう。約1時間の墓巡りで、歴史上の人物が身近になった気がしました。緑深い園内を散策し、先人の声なき声に耳を傾けるだけでも心が落ち着きます。

「墓マイラーの名づけ親」を自認するのは文芸研究家、カジポン・マルコ・残月さん(41)です。大学2回生の時、ロシア・サンクトペテルブルクで文豪ドストエフスキーの墓を訪問した時、「土の下にドストエフスキーがいる」と強烈な感動がこみ上げたといいます。これまで51カ国、1252人の墓地を訪れ、自身のサイトで紹介しています。

お参りする「墓マイラー」(イラスト)米国では夢中で墓を探すうち閉門されて閉じ込められ、黒澤明が眠る寺では簡単に入れず、住職の前で全作品名を暗唱し、思いを伝えたというエピソードも。「墓石とはいえ、本人を前にできる醍醐味は何ものにも代え難い。できれば墓前で30分は語り合えるよう、作品を読んだり見たりして行くのが望ましい」とアドバイスしています。

主な著名人の墓所(東京都内)

  • 雑司ケ谷霊園(豊島区)
    泉鏡花、小泉八雲、サトウハチロー、ジョン万次郎、竹久夢二、永井荷風、夏目漱石  
  • 慈眼寺(同)
    芥川龍之介、司馬江漢、谷崎潤一郎
  • 染井霊園(同)
    岡倉天心、高村光太郎・智恵子、二葉亭四迷
  • 谷中霊園(台東区)
    長谷川一夫、横山大観  
  • 禅林寺(三鷹市)
    太宰治、森鴎外  
  • 多磨霊園(府中市)
    江戸川乱歩、大岡昇平、岡本太郎、菊池寛、岸田劉生、新渡戸稲造、向田邦子、与謝野晶子・鉄幹

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2009 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2009年10月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。