お役立ち情報/情報ものしり帖

炊飯器の賢い選び方
「おどり炊き」「極め炊き」。炊飯器売り場をのぞくと、目移りするような宣伝コピーが並んでいます。新米の季節、お勧め機種のポイントを紹介します。

茶碗にご飯をよそう様子(イラスト)「世界初の蒸気口がない炊飯器」で話題を呼んだ、三菱電機の「蒸気レスIH」。09年2月の発売以降、月産4000台の目標を上回る人気です。炊飯時に出るうまみ成分はこれまで蒸気と一緒に外に逃げていましたが、蒸気口をなくしたことで炊飯器内に閉じ込め、蒸らす段階でコメに取り込みます。

日立が6月発売した「圧力スチーム極上炊き 蒸気リサイクル」も蒸気がほとんど出ません。蒸気を水にして内ブタに収め、スチームとして再利用します。高い圧力と温度を維持し、甘みを引き出します。

釜の素材も各社さまざまです。売れ筋は三洋電機「圧力IH 匠純銅おどり炊き」の新機種で、熱伝導率がステンレスの約13倍(同社製品比)の純銅を用い、均一に加熱することができます。コメを踊らせる「おどり炊き」は特許取得技術で「一粒一粒に張りとコク、うまみが出る」とPRしています。コメは季節で味が変わるため、季節ごとに炊き方を変えたり、甘み、粘り、硬さを3段階で調節できます。

「ボクもおかわりっ!!」ご飯をおかわりする様子(イラスト)釜のコーティング素材で甘みを引き出す機種では、東芝の「IH保温釜 真空圧力炊き」も人気です。ダイヤモンドと銀を使った釜内を真空状態にすることで、コメの芯まで十分吸水させ、最大40時間おいしく保温できます。また、象印は「極め炊き」の新機種にプラチナ粒子を使い、水質を弱アルカリ性に変えてコメ表面のたんぱく質を分解、内部まで熱を伝えます。食感や炊き方を7段階から選べる特徴があります。

土鍋の良さを追求するのはタイガーです。三度焼きした土鍋釜を使った「土鍋IH炊飯ジャー炊きたて」の新機種は、強火力沸騰と蓄熱性をさらに高め「ふっくら張りのある炊き上がり」を実現しました。

家電コーディネーターは「メーカーごとに炊き上がりの味は違うので、好みの味や食べる量、家族の生活スタイルなどを踏まえて選んで」とアドバイスしています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2009 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2009年12月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。