お役立ち情報/情報ものしり帖

人気の家具・家電レンタル
単身赴任や転勤で家具や家電が必要になったり、これまで使っていた家具が新居に合わずに悩んだ人は多いはず。引っ越しのたびにそろえるのは資金も手間もかかります。居住形態に応じて家具や家電をレンタルできるサービスが、いま人気を集めています。

冷蔵庫を前にしての会話「これは?」「レンタルよ」横浜市内に住む会社員の男性(36)は、昨春購入した2LDKのマンションに婚約者と住んでいます。入居の際、ダイニングテーブルセット▽ソファ▽ベッド▽カーテン▽照明など新品の家具一式(購入すれば約57万3000円相当)を2年契約で借りました。支払いは月額約1万8600円で、2年間だと計約44万7000円、総額は商品代金の約78%でした。

レンタルにした主な理由は、マンション購入で家具にかける資金がなかったためです。「家具は一生ものと考えていない。実際に使って必要ないと思えば、期限後に返せることも魅力だった」と話しています。

男性が利用したのは、東京都(新宿区と文京区)、横浜市、前橋市、大阪市に計5店舗を展開するインテリアショップ「スタイリクス」。デザイン性の高いものまで約7万点の家具を扱っています。店舗にはモデルルームがあり、専任のインテリアコーディネーターが相談に応じてくれます。

テレビを前にしての会話「じゃぁこれも?」「トーゼンレンタル!」レンタル料金は、最初に商品総額の30%を申込金として支払い(レンタル終了後に返金)、その後は毎月商品総額の1.5〜3%を支払う仕組みです。料金の合計が商品価格を上回るのは3年2カ月前後で、これ以内ならば新品で買うより安くなります。中古も扱っています。

レンタル事業は03年に始まり、08年には申込者数が4倍に増えました。主な利用者は30代前後の単身者とカップル。転職や転勤、結婚など今後のライフスタイルや住居が変わる可能性があったり、「短期間でも気に入った家具を使いたい」という人に人気です。

ソファーを前にしての会話「これは?」「助かるワ〜」インターネット上の家電・家具レンタルサイト「かして!どっとこむ」(http://kasite.com/)では、新品と中古の家具・家電あわせて約80品目をレンタルできます。デザインよりも機能性重視のシンプルな品ぞろえ。主な利用者は、転勤者や学生などの単身者です。

一番人気は、いずれも中古のテレビ(14型、アナログ対応)、冷蔵庫(80リットル)、全自動洗濯機(4.2キロ)、電子レンジの4点セット。購入した場合は計約11万7000円ですが、レンタルならば1年間4万2500円(一括払い)で済みます。単品ではマット付きシングルベッド、照明器具、ガスコンロなどもあります。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2010 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2010年2月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。