お役立ち情報/情報ものしり帖

ドライマウスに注意
口が乾く「ドライマウス」(口腔乾燥症)は、放置すればクッキーが食べられない、世間話ができないなど、日常生活に支障をきたします。さまざまな原因がありますが、飲み薬の種類や生活習慣を変えることで改善するケースも多いようです。

話しずらい・・・悩む様子(イラスト)ドライマウスに悩む人は、潜在患者を含め人口の25%程度とみられます。鶴見大歯学部付属病院(横浜市鶴見区)は02年、国内初の「ドライマウス外来」を開設し、3600人の患者を診療してきました。中高年の女性が中心ですが、最近は10代の患者もいます。

診断は問診に加えて唾液の量を測ります。ガムをかんで唾液腺を刺激しても、10分間の唾液が10CC以下だと、唾液腺の異常を疑います。代表的な例が、難病に指定されている自己免疫疾患の一つで、涙や唾液などの分泌障害を起こす「シェーグレン症候群」です。

東京都多摩市の女性(77)は06年、ご飯がまずくなり、食事の量が激減して10キロ近くやせました。調べるうちに、唾液量が減ったことが原因と判明し、シェーグレン症候群と診断されました。根治は難しいため、唾液分泌を促す薬を毎日飲み、うがいや水分補給を欠かせません。夜は専用のマウスピースをつけるなどして口内を保湿しています。「食事も水分が多いものを選べば楽しめるし、視覚障害者のための朗読ボランティアも続けられた」と話しています。

病気ではないのに「口が乾く」と訴える患者も多いようです。同病院によると、受診者の7割近くが、唾液腺は正常でした。多いのは、薬によるドライマウスです。抗うつ薬や睡眠導入剤、高血圧の薬、花粉症対策の抗ヒスタミン剤などには、口が乾く副作用があります。服用量を減らしたり、別の薬に変えるなどの対策で改善します。

よくかんでご飯を食べる様子(イラスト)ストレスが原因になるケースも少なくありません。唾液腺は自律神経の影響を受けています。緊張すると口がカラカラになるのは、交感神経が唾液腺の働きを抑えるためです。職場環境や人間関係、家族の介護といったストレスで唾液分泌が減ってしまいます。

最近特に増えているのが、口のまわりの筋力低下です。高齢者に加え、軟らかいものばかり食べて育った子供たちは筋肉が発達しないため、日ごろから口が開きがちです。猫背など姿勢が悪い人や、鼻が詰まっている人も口呼吸になりやすく、唾液分泌が正常でも口内が乾燥してしまいます。

ドライマウスにならないには、よくかむことです。かむことで筋肉が鍛えられ、唾液分泌も活発になります。根菜類などかみごたえのあるメニューを心がけ、よくかんでゆっくり食べることで、唾液中の消化酵素が働きます。唾液は口内を清潔に保つため、分泌が不十分だと虫歯や歯周病のほか、口臭の原因にもつながります。高齢者は細菌が肺まで入り込み、肺炎を起こしやすくなるので注意が必要です。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2010 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2010年3月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。