お役立ち情報/情報ものしり帖

「ラフターヨガ」を知っていますか
声を出して笑いながら体を動かす「ラフターヨガ」(笑いヨガ)が注目されています。ヨガといっても難しいポーズはなく、子どもから高齢者まで参加しやすいのが特徴です。約5年前に日本に紹介され、全国に約120のクラブがあり、笑顔の輪が広がっています。

ラフターヨガ(笑いヨガ)の様子(イラスト)

東京都武蔵野市で毎週水曜日に開かれる「吉祥寺ラフタークラブ」には、毎回15人前後が参加します。日本に初めてラフターヨガを紹介した田所メアリーさん(56)と夫の孝さん(60)が講師です。メアリーさんが「息が切れたら座ってもいいですから、自分のペースを守って。笑うときに、目と目を合わせるコミュニケーションを大事にしてください」と声をかけました。

この日は軽いストレッチの後▽インドのあいさつをイメージして両手を胸の前で合わせる▽ミルクセーキを作って飲むまねをする――など8種類の動作をしながら、参加者は「アハハハハハ」と声を上げて笑いました。最後はみんなで車座になり、ひたすら笑います。

約1年半クラブに通っている神奈川県大和市の男性(60)は「リストラで職を失い不安な日々を過ごしていたが、ここに来て少しずつ前向きになった。笑っていると幸福感に包まれる」と話し、整体師を目指して勉強中といいます。

「日常生活でも以前より笑うことが多くなった」と話すのは50代の女性です。夫を病気で亡くし食事もとれませんでしたが、ラフターヨガと出合い元気を取り戻したという女性もいました。メアリーさんは「笑いには脳の活性化などの効果がある。作った笑いでも、自然に笑うのと同じ効果を期待できる」と話しています。

ラフターヨガは1995年にインドの医師夫妻が考案した健康法で、笑いを取り入れることで自然に腹式呼吸ができます。世界60カ国以上に広がり、米国ではがん患者の病棟で取り入れている例もあります。

「笑」脳の活性化 自然に腹式呼吸(イラスト)大阪府立健康科学センターでは数年前から、「健康教室」に笑いヨガを取り入れています。担当医師によると、実施後では唾液中のストレス関連ホルモンの値が低下する傾向があり、「運動効果に加え、心理的ストレスを減らすリラックス効果が得られるのではないか」と話しています。

笑いのためのエクササイズは「あいさつ」「ライオン」「言い争い」などたくさんの種類がありますが、どれも簡単で慣れれば自宅でもできます。高齢の愛好者も多く、仙台市の「りらくらぶラフターヨガ教室」の男性リーダー(63)は「地域の公民館などに出張実演すると、1人暮らしのお年寄りから『こんなに笑ったのは何カ月ぶりかしら』と言われる」と話しています。

人気の背景について、普及に取り組む「ラフターヨガ・ネット」(東京都中野区)は「経済状況が厳しく、ストレスの多い現代社会で、心身をリフレッシュできる笑いが見直されている。笑いも運動。誰でもできる手軽さがいいのではないか」と分析しています。

全国のクラブは「ラフターヨガ・ジャパン」のウェブサイト(http://laughteryoga.jp/)から検索できます。「日本笑いヨガ協会」のサイト(http://waraiyoga.org/)でも、体験会の情報が掲載されています。「ラフターヨガ・ネット」のサイト(http://laughteryoganet.jp/)も参考になります。参加費はクラブによってまちまちですが、1時間〜1時間半で500〜1000円程度が一般的です。高血圧や心臓病、腰痛などの持病がある人は、医師と相談して始めましょう。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2011 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2011年3月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。