お役立ち情報/情報ものしり帖

漢方ドックで「未病」の発見を
東洋(漢方)医学を用いて全身の健康状態を診断する人間ドックがあります。がんなどの重い病気を早期発見する従来の人間ドックに対し、「漢方ドック」は心と体の全身的バランスの乱れに注目し、重い病に至る前に体質改善を目指すものです。突然死やうつ病予防にも効果が期待されるという漢方ドックとはどんなものでしょう。

食欲が・・・疲れが・・・眠いよう・・・(イラスト)「血圧の薬を服用しているが、思うような効果が出ない」(50代女性)、「胃腸の具合が悪く、疲れが取れない。眠りも浅い」(同)、「低体温で朝起きられず、昼間眠い。精神的なつらさを改善したい」(20代男性)。

昨年9月に「東洋医学ドック」を開設した北里大東洋医学総合研究所(東京都港区)が受診理由を尋ねたところ、こうした答えが返ってきました。

「通院しても症状が良くならないといった悩みや、西洋医学で治療対象になりづらい症状の訴えは多い。こうした分野で東洋医学は役立てる」と同研究所漢方診療部の専門医は話しています。疲れやすい、よく頭が痛くなる、手足が冷えるが原因が分からないなどの症状がある人に向いているといいます。

西洋医学を用いた従来の人間ドックでは、がんや高血圧など初期に自覚症状がない病気をデータや画像から発見できます。一方、漢方では自覚症状を重視します。便通や睡眠の質、目の疲れや体のむくみなど、検査データ上は「異常なし」でも見過ごさないのが特徴です。

ドックでは、舌の状態を見たり、腹を触診する漢方独特の「脈診」「舌診」「腹診」を実施します。自覚症状の問診もあります。これに血液やストレスの検査、血管年齢の測定など現代医学的検査も組み合わせて患者の体質や全身の状態を診断します。「気・血(けつ)・水(すい)」「陰陽」など、漢方から見た全身バランスが崩れると体の不調が表れると考え、問題点を指摘します。

舌診 腹診 脈診(イラスト)

「漢方養生ドック」を3年前から行っている東京女子医大東洋医学研究所(東京都北区)の専門医は「高血圧症やうつ病などは突然なるわけではなく、病気にまでは至らない『未病』のうちから危険サインは出ている。この段階で食事や睡眠など生活改善に取り組めば、病気になってから治療するより体への負担もずっと軽い」と説明しています。

東京女子医大で「良導絡(りょうどうらく)検査」を試してもらいました。手足にある左右各12カ所のツボに電極をあてて皮膚の電気抵抗を測ると、電気の通り具合から心身の状態を推定できます。測定結果が平均値を大幅に逸脱したり、左と右の値が離れている箇所が弱点を示しますが、左右ともに平均値の範囲内に収まったのは12カ所中1カ所しかありませんでした。

大丈夫!(イラスト)「『心経』というツボの値が低い。精神的に疲れていませんか? 老化と関連がある『腎経』も低い」と担当医師が説明してくれました。確かに最近疲れて頭痛や肩こりがひどく、数分の検査で見透かされたようで驚きました。

実際のドックでは、他の検査結果や問診なども含めて多角的に診断を下します。ただし、内視鏡検査などはしないので従来のドックの代わりにはなりません。投薬や鍼灸(しんきゅう)も行いません。

漢方に二の足を踏んでいた人や興味のなかった人の受診も多く、担当医師は「何となく感じていた不調が全身的な問題として裏付けられると、その後の体調管理に前向きになる。未病のサインに気付けるようになるのも大きい」とドックの効果を感じています。

漢方ドックの受診者は女性の比率が高いそうです。担当医師は「男性は多少の不調を『医者にかかるほどではない』と放置しがち。だが“未病率”に性差はなく、忙しい男性こそ受けてほしいドックだ」と話しています。

漢方ドックは、保険適用外です。東京女子医大の「漢方養生ドック」は月曜のみです。限られた保険診察の時間では投薬中心になりがちなため、ドックでは初日に検査を行い、2日目に1時間ほどかけて検査結果の説明、その人に合わせた日常生活のアドバイス、食生活やツボ指導など養生法を案内します。基本コースはランチ券付き6万1950円です。北里大の「東洋医学ドック」は併設病院の一般ドック受診者向けオプション(8400円)として始まりましたが、現在では単独での受診も可能になりました(1万2600円)。月〜金曜で要予約です。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2011 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2011年4月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。