お役立ち情報/情報ものしり帖

減った夜更かしの子ども
2010年度の幼児健康度調査で、10年前より夜更かしの子どもが大幅に減りました。背景に何があるのでしょうか。

幼児健康度調査は全国の満1歳から7歳未満の未就学児が対象です。日本小児保健協会が1980年度から10年ごとに実施し、今回で4回目です。

10年前の調査(00年度)では就寝時刻が「夜10時以降」の子どもが全年齢平均で50%を占めましたが、今回は29%に減少しました。2歳児では59%もいたのが35%に激減、20年前(41%)よりも減りました。

起床時刻も早まる傾向がみられ、午前7時に起きる子どもの割合は変わりませんでしたが、午前6時に起きる割合が25%で、10年前(11%)より倍増しました。

遅いからはよ寝なさい えーっもうちょっと見たい〜 テレビを見る子どもに注意する様子(イラスト)

なぜ「早寝早起き化」が進んだのでしょうか。調査研究の責任者は「今回の調査では、経済状況を反映してか、母親の就労割合が増えている。出勤時刻が決まっていれば親も夜遅くまで起きていられず、子どもも早く寝るようになったのでは」と推測しています。

「皆さんは毎日何時に寝ますか」。10月7日、東京都荒川区立の小学校で、医師が呼びかけました。眠りについて学ぶ授業を聴いたのは4〜6年の児童と保護者たち。午後10時前後の子が多く、中には「0時過ぎ」に手を挙げる子もいました。授業を担当した医師は、日本の小学5年生の平均就寝時刻(06年)は午後10時10分なのに対し、米国の小学4年生は同8時35分、中国は同9時で、日本の子どもの宵っ張りぶりを指摘しました。

医師や保育関係者らでつくる「子どもの早起きをすすめる会」は、99年に行ったアンケートや00年度の幼児健康度調査の結果に危機感を持ち、01年から全国の幼稚園や学校などで睡眠の大切さを説いて回っています。文部科学省も06年に「早寝早起き朝ごはん」運動を始めました。

夜更かしが減った調査結果について、同会では「一部の家庭ががんばった結果だと思う」と分析しています。「最近でも、幼稚園や保育園の先生に聞くと、子どもが午前中から疲れていたり、ボーッとしていると感じる人が増えている。保護者の長時間労働やテレビやゲームなどメディアの影響で、子どもが眠りにくい環境にあることに目を向けるべきです」と指摘しています。

あくびをする子どもの様子と、よく寝る子どもの様子(イラスト)

保育学の専門家も「規則正しい生活リズムが大切と考え実行する家庭と、意識の乏しい家庭に二極化している。生活するのがやっとの世帯もあり、経済格差の広がりが意識格差につながっている」と指摘しています。都心の高級住宅街にある幼稚園で、母親らに子どもの就寝時間を尋ねたところ、「午後8時」が9割を占めたそうです。

東京都杉並区の区立保育園長は調査結果を聞いて「夜更かしがそんなに減ったとは」と、少し意外な感じがしたと言います。「少子化で保護者のお子さんへの関心が高まっていると感じる。子どもの歯もきれいに磨かれていて、検診で歯科医にほめられる。健康へのこだわりが早寝早起きにつながったのでは」と推測しています。この園では、早朝に仕事や習い事をする朝活の影響か、親の出勤が早まって子も早起きになったためか、朝早く登園する子が増えているそうです。

夜更かしはなぜ良くないのでしょうか。夜間に長時間光を浴び続けたり、朝の光を十分に浴びないと、体内リズムが乱れます。心を穏やかにする脳内物質の分泌を抑えたり、性的成熟が早まる可能性もあります。睡眠不足が肥満をもたらすという研究報告も増えています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2011 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2011年11月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。