お役立ち情報/情報ものしり帖

昆布を無駄なく使うには

鍋物や湯豆腐など温かい料理が恋しい季節になりました。昆布だしを使う機会も増えますが、だしをとった後の昆布を捨てる人は多いようです。栄養豊富な昆布を無駄なく使う方法は。

研究者や栄養士らでつくる「昆布の栄養機能研究会」(神戸市)が昨年10月、週2回以上料理をする20〜60代の主婦約500人に実施した調査では、だしをとった後の昆布について、約半数が「他の料理に使ったりそのまま食べる」と答えました。しかし「そのまま捨てている」も4割に上りました。

「昆布すてるの?」鍋から昆布を取り出す際の様子(イラスト)

矢澤一良・東京海洋大特任教授(機能性食品学)によると、昆布は低カロリーで、ビタミンAのほか、カリウムやカルシウムなどのミネラルをバランスよく含む"海の野菜"です。「だしをとった後も、ぬめり成分のアルギン酸やフコイダンなどが残り、食物繊維が豊富。血中のコレステロールを下げる働きもある」と話しています。

日本昆布協会(大阪市)は、だしをとった後のさまざまな活用法をホームページ(http://www.kombu.or.jp/)などで紹介しています。最も簡単なのは、細く切ってそのままサラダや煮物に加える方法です。すぐ使わなければ、3センチ角の使いやすい大きさに切って冷凍し、たまってきたら調理しましょう。

同量のしょうゆ、酒、みりんに酢を少量加え、弱火でコトコト煮込む定番のつくだ煮もお勧めです。煮込む際に酢を加えると軟らかく、まろやかになります。水気をふき取ってみそに1週間程度つけ込むだけでも"ご飯のお供"になります。

「また、使ってくれてありがとう!!」昆布の入ったサラダ(イラスト)医学博士で管理栄養士の本多京子さんは、一味違った「昆布チップ」や「シリアルバー」を考案しました。昆布チップは、昆布(乾燥昆布10グラム分)に小麦粉(小さじ1)をまぶし、160度の油で2分程度揚げます。カレー粉と塩を混ぜたものを適量ふれば出来上がります。

シリアルバーは、大きめの耐熱ボウルにマシュマロ(50グラム)、バター(30グラム)を入れて電子レンジで2分(500ワット)加熱し、よくかき混ぜます。細かく刻んだ昆布(乾燥昆布5グラム分)とドライクランベリー(20グラム)、玄米フレーク(50グラム)を入れて四角に形を整えます。冷蔵庫で約30分冷やし固め、1口大に切ります。

本多さんは「おつまみにもなる昆布チップは、ハーブ塩や一味唐辛子などで味のバリエーションを楽しめる。シリアルバーはドライフルーツを組み合わせるので、食物繊維たっぷりで食べ応えがあります」と話しています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2012 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2012年1月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。