お役立ち情報/情報ものしり帖

広がる「直葬」とは

葬儀をせずに、遺体を荼毘(だび)に付す「直葬」が広まっています。葬儀のわずらわしさを避け、故人とゆっくりお別れができるという利点があります。都市部を中心に、寺院との結びつきや親戚付き合いが薄れており、近しい家族だけで静かに故人を送りたい人が増えています。

横浜市に住む税理士の女性(56)は今年2月、義父(享年88)を老衰で亡くしました。義母は既に他界し、近所のマンションで1人暮らしでした。無宗教だったため通夜や葬儀は行わず、ごく身内だけで「お別れの時間」を持つことにしました。業者に依頼し、市内の見送りのための施設「ダビアスリビング」を1泊2日で利用しました。マンションのような作りで和室にキッチン、バスルームを備え、宿泊もできます。

納棺の様子(イラスト)

夫(63)の兄弟夫妻、両親ら計11人が集まり、夕食会を開きました。傍らに義父のひつぎを置き、オプションメニューの出張調理の和食コースを食べながら、「優しいお父さんだったよね」などと思い出を語り合いました。夫の妹は、義父が好きだった唱歌「庭の千草」をハープで奏でました。

翌日は「明るく見送りたい」と、色とりどりのスイートピーを大量に注文しました。「大好きだったよ」と声をかけながら、約1時間かけてひつぎ内に敷き詰めました。僧侶に読経してもらう代わりに、般若心経をみんなで朗読しました。

女性は「葬儀の手間にわずらわされずゆっくりお別れができ、満足している」と話しています。気を使わせたくないと、職場でも義父の死去を知らせなかったそうです。夫は「みんなと話すことで喪失感を少しは埋められた」としながらも、「生前に葬儀の希望を父に聞いておけば、迷わずに済んだかもしれない」と話していました。

費用は火葬代なども含め約80万円です。請け負った「神奈川こすもす」(川崎市)によると、遺体搬送や火葬だけの17万円のコースもあります。経済的な理由から直葬を選ぶ人もいますが、香典を集める葬儀に比べ、必ずしも安くなるとは限りません。同社の社長は「簡素な見送りと、自分たちに必要なものだけを追加するオーダーメードの見送りと、直葬も二極化している」と話しています。

通夜や告別式を行わない場合、自宅に多くの弔問客が訪れることもあります。家族を亡くし精神的に一番苦しい時に、来客一人一人に応対するのは負担が大きいものです。また、住宅事情から遺体を自宅に安置できない人も多く、マンションではエレベーターが狭く、遺体を寝かせた状態で家に入れられないこともあります。

JR新横浜駅近くに6月にオープンした葬祭施設「ラステル新横浜」では遺体を預かり、故人にお別れに来る面会者にも対応するサービスを実施しています。冷蔵機能のあるスペースに遺体を安置し面会者が来ると、焼香台のある面会室にひつぎが自動搬入されます。スタッフも24時間待機しています。

葬儀はシンプルに・・・家族を見守るおじいちゃんの様子(イラスト)

仕事帰りの遺族や知人が夜遅くに訪れても、故人と心ゆくまでお別れできます。遺体の安置や火葬代など含め、1泊2日で31万5000円からです。面会者は基本的に受け入れますが、事前に遺族の依頼があれば特定の人の面会を断ることもできます。

施設を運営する「ニチリョク」(東京都杉並区)の事業部長は「直葬を選ぶ人も、亡くなった方を丁寧に送りたいという気持ちは同じ。いかに最後のひとときを良いものにできるか、お手伝いしたい」と話してます。

葬送に詳しい法社会学専攻の大学教授は「葬儀は故人と社会がお別れする意味があったが、最近は家族のものという意識が強まっている」と話しています。「東京都内では約3割は直葬とされ、都市部に顕著な現象だったが、最近は地方でも約1割を占め全国に広がっている」といいます。

葬儀が簡素化する背景を教授は、生前の医療や介護に費用をかけて葬儀はシンプルにするという考え方や、霊魂の存在を信じなくなったことなどを指摘しています。「子どもや周囲に迷惑をかけたくない」と故人が生前に希望する例も多いようです。他方、子や孫だけで直葬してしまい、故郷の親戚から「葬儀なしでは区切りにならない」「義理を欠いた」などの不満が出てトラブルになることもあります。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2012 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2012年7月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。