お役立ち情報/情報ものしり帖

炭酸が美容でも注目 洗顔料やパックなどで効果

シュワシュワッとして気分すっきり。おなじみの炭酸飲料に含まれる「炭酸」が、洗顔料やパック、スパなどの美容分野でも注目されています。「血行促進」というシンプルなメカニズムが好評のようで、飲料の人気も右肩上がりです。自宅で炭酸水が作れる機械も登場しています。

東京・銀座にある化粧品会社「ノエビア」の直営サロン。東京都の女性会社員(31)が「こんなに肌がもちもちしたのは久しぶり」とうれしそうです。

女性が試していたのは、今春発売されたマッサージフォームの「ブランマスク」。噴射剤に炭酸ガスを使っていて、容器の頭部を押すと、炭酸で泡立たせたマッサージフォームが出てきます。30秒ほど肌に乗せて洗い流すだけで、洗顔効果もあります。

お肌のお手入れをしている様子(イラスト)女性は「炭酸の美容グッズが雑誌や友達の間で話題になっている。一度試してみたい」とネットで検索し、同店のブランマスクを使った「透明肌体験イベント」に申し込みました。「炭酸にはひんやりしたイメージがあったけれど、ぽかぽかと温かくなって驚いた。肌が明るくなってうれしい」

トレンド総研(東京)が今年5月、21〜39歳の女性501人に「炭酸を使った美容商品に興味があるか」を尋ねたところ、87%が「興味がある」、54%は「利用経験がある」と答えました。全体の80%が「効果が高そうだと感じる」と答えるなど、期待感は高そうです。

炭酸を使った化粧品は、従来も高価なエステなどで用いられていましたが、2000年代後半から市販品も出てきました。07年にはフェヴリナ(福岡県)がジェルと顆粒(かりゅう)を混ぜて顔につける「ナノアクア ジェルパック」を発売。今年に入り、カネボウ(東京)が美白ブランド「ブランシールスペリア」から炭酸泡の洗顔料、セラン(同)がパウダーと水で作る炭酸マスク――と、続々と新商品を発売しています。

美容室「ラ・フィエスタ銀座店」では、2年ほど前から炭酸泉を使ったヘッドスパを始めました。店長は「普通のお湯に比べて汚れがとれるので、施術をしていると、頭皮が白くなったと感じる」。1カ月に約150人が訪れ、リピーターも多いといいます。

横浜市の50代の女性会社員は今夏、自宅で炭酸水を作れる機器「ソーダストリーム」を買いました。「炭酸水は健康に良いと聞いて興味があった。ほぼ毎日使っています」と話しています。

土日のお昼は、レモンと蜂蜜を入れてレモネードに。入浴やスポーツの後には、シンプルな炭酸水を飲む。最近気に入っているのは、醸造酢にザラメを溶かしたものを作っておき、炭酸水で割ったものです。

サントリー(東京)は7月、コーヒーの炭酸飲料「エスプレッソーダ」を発売しました。充填(じゅうてん)方法を工夫しており、コーヒーの風味を生かした味が好評です。女性は「おいしそうなので、家でも作ってみようかな」と思っています。

ソーダストリームで作った炭酸水を飲んでいる様子(イラスト)「ソーダストリーム」は、コーヒーメーカーのような機械にガスボンベと水を入れたボトルをセットし、炭酸ガスを入れると、10秒ほどで炭酸水ができます。ガスボンベ代で計算すると、500CC作って約18円。イスラエルのメーカーが43カ国で展開しており、日本では昨年11月から百貨店などで販売しています。

サッポロ飲料(東京)が5月、20〜40代の男女各198人に行ったアンケートでは、炭酸水の1週間の平均消費量は1.5リットル。複数回答で炭酸水の魅力を聞いたところ、のどごし(79.1%)▽飲みごたえ(43.6%)▽ミネラル補給(16.4%)▽健康効果(14.1%)――と続き、女性のみの場合は美容効果が25.5%で3番目に高かった。

全国清涼飲料工業会のまとめでも、炭酸飲料の生産量は06年(約264万キロリットル)から、5年後の11年は約356万キロリットルに増えています。

◇血管広げて血行促進 ダイエットに役立つ面も
「炭酸水の効果は、血管が広がって血行がよくなることによるものです」。国際医療福祉大学大学院の前田真治教授(リハビリテーション学)はこう話します。

炭酸水とは、二酸化炭素(CO2)が溶けた水のこと。CO2は、体内の血液中には常に存在しています。体に酸素を取り入れ、エネルギーやたんぱく質を作った後には、老廃物としてCO2ができるからです。

「体内のCO2の濃度が高まると、体が酸素を呼び込もうとして、伸縮性のある毛細血管が広がる。炭酸水は皮膚から吸収されて『CO2の濃度を高める』役割をする」と前田教授は語ります。

実際、炭酸水は約20年前から、床ずれや、糖尿病の足の血行不良による壊死(えし)に対する治療に使われています。血流がよくなり、皮膚の再生力が高まるからです。「パックや洗顔料などの美容グッズや炭酸温泉も、基本的には同じ論理だと思います」

泡は汚れを包み込む性質があるので、皮膚をきれいにする効果もあります。
 一方、炭酸水を飲んだ場合は、酸素を求めて胃の粘膜の毛細血管が広がり、胃の動きも活発になります。コップ1杯の冷たい炭酸水を飲むと、食欲が増進され、つられて腸の動きが活発になるので、便秘解消にもよい。

「まったく逆のようですが、ダイエットにも役立つ」といううれしい話も。常温の炭酸水を500ミリリットル飲むと、CO2が気体となって胃が膨らみ、満腹感が得られるため、食べ過ぎを防いでくれるといいます。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2012 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2012年10月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。