お役立ち情報/情報ものしり帖

ノンアルコール飲料は何歳から? ビール、カクテル風味など続々

ビール風味だけでなく、カクテルやチューハイ風味など種類も増え、人気が止まらないのがノンアルコール飲料です。でも、子どもから「お酒じゃないなら飲ませて」と言われたら……。未成年が飲むことにはさまざまな意見があるようです。

◇各社「20歳以上に開発」 未成年、本物誘引恐れ

ねぇそれってビールなの?食卓の様子(イラスト)第一生命経済研究所が今夏、未成年の子どもがいる30代と40代の男女1200人に対し、ノンアルコール飲料について「何歳ぐらいから飲んでいいと考えるか」と尋ねたところ(回答数600人)、最も多かったのは「20歳以上」で約36%。以下「大学生(18〜19歳くらい)」(約32%)、「高校生(15〜17歳くらい)」(約17%)が続きました。中学生(12〜14歳くらい)、小学生(6〜11歳くらい)という回答も約6%ずつありました。

「未成年者が飲んでもよい」と答えた人に理由を尋ねると、男性は「法的にも発育的にも問題がない」(約37%)「子どもが飲みたがれば、ダメという理由はない」(約35%)との答えが多かったのですが、女性は「子供が実際に飲酒することを避けられると思う」(約33%)が最も多く、回答に男女差がみられました(複数回答)。

一方、「20歳以上」と回答した人に理由を問うと、「未成年のうちから飲酒の習慣をつけるのはよくない」「本物のアルコールへの関心を高めてしまう」「大人と子どものけじめをつけるべきだ」などの意見が多くありました。

缶を手にして へえ飲まない方がいいんだ・・・(イラスト)ノンアルコール飲料は清涼飲料なので、未成年が飲んでも法的には問題ありません。ただ、ビール大手各社は「20歳以上の人に向けて開発した商品」と位置づけており、未成年が飲むことを勧めていません。

これらの飲料について各社は「お酒らしい味わい」を追求しており、サントリーは「本物のアルコール類に誘引する恐れがある」として、酒売り場に置いてもらうよう販売店などに要請しています。セブンイレブンでは酒類と同様に、販売時に年齢確認をしています。

未成年者の飲酒は発育に影響を与えるほか、大人より急性アルコール中毒になりやすい。しかし、厚生労働省研究班の調査(10年)によると、中学3年生の約1割、高校3年生の約2割が、直近の1カ月間に1日以上飲酒しているのが実態です。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2012 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2012年12月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。