お役立ち情報/情報ものしり帖

野外活動には注意を いよいよマダニの活動期

ダニの本格的な活動期がやってきました。今年はマダニに刺されたとみられる成人男女がウイルスに感染して死亡した例が相次いで発表されています。身近な生き物だけに、不安な人も多いのでは。専門家に対策を聞きました。

●死に至る場合も

ダニは大きく分けて2タイプあります。屋外に生息し、動物や人に寄生して大量の血を吸うマダニ類と、家の中にいてアレルギーの原因になるコダニ類です。この二つ、対処の仕方は全く違います。

「マダニは皮膚の軟らかい部分を探して寄生吸着し、1週間ほど血を吸い続ける。その間に唾液を介して病原体が入れば、病気に感染して死に至ることもある」。ある大学医学部の専門家はこう語ります。

マダニ かゆい〜 イメージイラスト

ダニが媒介する病原体は多く、これまで国内で問題になったのは、日本紅斑熱▽ツツガムシ病▽ライム病――の三つ。どれも刺されてから10〜14日後に高熱や全身の倦怠(けんたい)感などを引き起こし、治療には抗生物質が使われます。

今年新たに確認された重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスも、マダニが媒介したとみられます。高熱に加え、嘔吐(おうと)や下痢の症状もあるといいます。抗生物質が効かず、現時点では輸血などの対症療法しかありません。

最大の予防法はもちろん、マダニの付着を避けることです。だが、吸血前のマダニの幼虫は1ミリ、成虫でも3〜4ミリと小さく、見つけるのは困難です。専門家は「痛みはないし、腫れないので、刺されたとは気付かない」と言います。気付いた時には体長が1センチほどに膨らんでいることもあります。

だが、慌ててダニを取り除こうとすると、病原体を体内に押し込んだり、マダニの頭が皮膚の中に残ったりして逆効果。すぐに皮膚科を受診しましよう。

「マダニは屋外ならどこにでもいる。河川敷や田畑の縁など、ちょっとした草やぶも要注意」(専門家)。犬の散歩などでも、ナイロン製の雨具のズボンやゴム長靴をはく方が安全です。ダニの付着が分かりやすい明るい色が良いでしょう。帰宅後はすぐに入浴しましよう。

●こまめに掃除機

一方のコダニ類は、どの家庭にも住みついています。チリダニ、コナダニ、ツメダニなどがあり、東京都の担当者によると、体長は0.3〜0.6ミリで、肉眼ではまず見えません。温度25〜30度前後で湿度60%以上の環境を好みます。人間のフケやアカ、食べこぼしを餌にするため、畳や布団、カーペットなどに生息しています。

コダニ 飛んでけっ 布団をたたいている様子(イラスト)

コダニの害は、アレルギー性のぜんそくや皮膚炎と、刺されることによる不快症状の二つ。特にアレルギー症状は気をつけましょう。小児気管支ぜんそくの患者の6〜8割は、チリダニにアレルギー反応を示すといいます。家族にアレルギーの人がいるなら、ダニを減らす工夫が必要です。

まず、掃除機をこまめにかけましょう。毎日かけるのが理想的です。1平方メートルあたり20秒以上、畳は1畳あたり30秒以上かけて、ゆっくり掃除機を動かします。水拭きすればフンや死骸も取り除けます。

寝具のお手入れも大切です。カバーやシーツを水洗いして、天気の良い日に布団本体を干して湿気を取り除きます。ダニは50度以上、10分以上で死滅するため、布団を黒いビニールで覆うと効果的です。梅雨の時期は布団乾燥機でも良いでしょう。

布団を干してたたいた後は、表面に付いたダニを掃除機で吸い取ります。専用の掃除機のヘッドが市販されています。

●粉の保存に注意

コナダニは小麦粉などを餌にして増殖するため、粉の中にいるのを知らずに食べ、アレルギー症状を起こすことがあるので注意しましょう。開封した粉は冷蔵庫で保存しましよう。

ただ、ダニに血を吸われても、病気が感染するとは限らないし、感染しても重症化するケースはまれです。担当者は「ダニは有機物を分解してくれる、生活に欠かせない生きもの。アレルギー体質でなければ、あまり神経質になる必要はありません」とも話しています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2013 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2013年6月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。