お役立ち情報/情報ものしり帖

シニアに好評 新家電

高齢になると体の自由が利かなくなり、掃除などがおっくうになりがち。シニアならではのそんな不便さを埋めるのに役立つ家電製品に今、熱い視線が寄せられています。そのお役立ち度と、使う際の注意点を探りました。

年齢を重ねると体力的につらくなる家事の代表格は掃除。そこで、横浜市磯子区の女性会社員(53)が2008年から愛用しているのが、米国製のロボット型掃除機「ルンバ」です。

あらまっ! お掃除ロボットに驚くシニアの様子(イラスト)●つらい掃除お任せ

操作は本体中央のボタンを押すだけ。あとは直径35センチの掃除機が部屋を自走して、自分で掃除してくれます。重い掃除機を持ち運んだり、中腰になってプラグをコンセントに抜き差ししたりする必要もないので、肉体的な負担は激減します。

3LDK(約70平方メートル)のマンションのうち、居間や廊下など約30平方メートルを掃除するのにかかる時間は45分前後。購入代金は7万円前後とやや値が張りましたが、女性は「外出中に掃除してくれるのも大助かり。もうこれなしでは暮らせない」と笑います。

シニア層はどんな家電製品に注目しているのでしょうか。市場調査会社(東京都港区)が昨年10月、50〜69歳の全国の男女を対象に「今欲しい」家電に関するインターネット調査(有効回答数497人)を実施したところ、1位となったのがロボット型掃除機。手軽にパンが焼けるホームベーカリーや、体の疲れを取るマッサージ器も人気を集めました。

「実際に購入したら期待を上回った」家電を聞いたところ、ロボット型掃除機に次いで2位に食い込んだのは、米アップル社の「iPad」などのタブレット端末でした。

●パソコンより便利

なぜタブレット端末がシニアに受けるのでしょうか。高齢者向け「iPad講座」を開いている東京都三鷹市のNPO法人を訪ねました。校長は「タブレット端末に対する高齢者の関心が、今年に入って急に熱を帯びてきた」と驚いています。受講者の平均年齢は70代後半。90歳を超える人もいるといいます。

5月中旬のある日、講座をのぞいてみました。教室は10人の受講者でほぼ満席。受講者たちは、iPadでホームページを見る方法について、5人の講師に熱心に質問しながら液晶パネルに触れていました。

「ロンドンに住む長女と、毎日iPadでメール交換しています。画面の文字を簡単に拡大できるので、パソコンより使いやすい」。この日受講した三鷹市の主婦(82)は満足した様子です。

ほほおう タブレット端末を使うシニアの様子(イラスト)シニア層のタブレット端末人気について、専門家の大学教授(コミュニケーション論)は「キーボードによる入力が不要で、起動時間も短い。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使えば、学生時代の旧友との交流も簡単」と説明しました。どうやら高齢者こそ、タブレット端末の本命ユーザーらしいということです。

安心、安全な暮らしにもタブレット端末が役立つ。主婦のように「メールやSNSで離れて暮らす肉親の安否確認をしている例が多い」と、校長は話しました。

●正規品購入が安心

高齢者がこうした家電を使う際に注意すべき点は何でしょうか。

ルンバなどの輸入家電は、正規品より安い並行輸入品がネットオークションに出品されていますが、正規品と違い、作動環境が日本向けになっていないため、故障しやすい難点があります。米国メーカーと英語でのやり取りが必要になる可能性もあります。

タブレット端末でインターネットに接続する際にも注意が必要です。教授は(1)ネット詐欺被害に遭わないよう、不審なサイトではクリック操作しない(2)ツイッター上のデマ情報にだまされたり拡散させたりしないため、他人のつぶやきを安易に引用しない(3)感情にまかせて書き込みして炎上させない――よう呼びかけています。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2013 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2013年7月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。