お役立ち情報/情報ものしり帖

妊婦の3人に1人、シートベルト未着用

シートベルトがねぇ・・・妊婦がシートベルトを締めている様子(イラスト)妊婦の3人に1人が助手席や後部座席でシートベルトを未着用――。妊婦用シートベルト補助具などを販売する「エムエルジェイ」(東京都品川区)が妊娠中か1年以内に出産した女性1000人を対象に今年8月に行ったアンケート調査でこんな結果が出ました。

警視庁や日本産科婦人科学会は、医師の指示がある場合などを除き、妊娠中でも安全のためにはシートベルトの着用を推奨しています。

よしっ・・・妊婦がシートベルトを締めた様子(イラスト)だが調査では、自分で車を運転する妊婦のうち6.7%がシートベルト未着用で運転した経験がありました。未着用率は妊娠月数が増えるほど上がり、他人が運転する車に同乗する場合で3割、タクシー乗車の場合で8割を超えました。一方、シートベルト着用時に「不快感を感じたことがある」との回答も7割を超えたといいます。「おなかに食い込んで胎児に影響がないか不安」などの声が上がっています。

警視庁などによると、妊娠中でも▽肩ベルトは胸の間を通し、腹部の側面に通す▽腰ベルトは腹部のふくらみを避けて腰骨のできるだけ低い位置を通す――などの正しい着用法を守れば母子の安全を高められるといいます。

それでも不快な場合は、豪州で開発され、太ももで固定できる補助具「タミーシールド」(1万5000円)もあります。全国のカーショップなどで購入できます。

毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2014 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2014年2月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。