お役立ち情報/情報ものしり帖


口腔をケアして大病を防ぎましょう


歯の数や口の中の健康は、脳卒中や肺炎などの発症と関わりが深いとされ、「口腔ケア」の大切さが注目されています。家庭でケアする際のポイントはどこなのでしょう。

普段の口腔ケアが大切です(イラスト)●粘膜の汚れも

口腔ケアと聞くと歯磨きを思い浮かべますが、歯磨きはケアの一部にしかすぎません。専門家は「口の中で歯が占める割合は25%だけ。完璧に歯磨きができたとしても25%しかきれいになりません」と言います。ほおの内側、舌の上下、口の天井に当たる口蓋などの粘膜に張り付いた汚れも取り除くことが重要なのです。

舌の白っぽい汚れは、味覚をつかさどる「味らい」を傷つけないように数日かけて少しずつ落としましょう。その際の姿勢は、あごを引いて体幹を真っすぐに。足はしっかりと床につけます。

さらに重要なのは、剥がした細菌や汚れを口の中から出すことです。高齢者の場合、細菌だらけの唾液が気管に入って誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高いのです。きちんと排出するためには、可能ならば6回以上のうがいをしましょう。

●誤嚥防止、七つの子

ふだんから口内の機能を維持することも口腔ケアの一部です。口内の自浄作用がある唾液の量は加齢によって減ります。そこで顔を包み込むように広げた手を当て、親指を耳の後ろにひっかけて手のひら全体で押したり、あごの真下から耳の下までを親指で押したりして、唾液腺を刺激します。

相手の口臭が気になって打ち合わせに集中できない男性(イラスト)誤嚥性肺炎の防止には、のみ込むための機能を高める「カ」の音の発声練習がお勧めだそうです。「カ」音で「カラス、なぜ鳴くの」で始まる童謡「七つの子」を歌うやり方もあります。楽しさも加わり実践しやすくなります。

●無理強いせず

認知症のご老人の場合、ケアを嫌がったり口を開いてくれなかったりするのが周囲の悩みの種です。その場合はまず介助者を認識してもらうことから始めましょう。

眠りがちな人には手ぬぐいを丸めてぬらし、冷やしたもので顔をぽんぽんとマッサージし、覚醒した状態で正面から顔を見て話しかけます。次に様子を見ながら手、腕、肩、ほお、唇と触れていき、口の中に指を入れても嫌がらないようになったら少しずつケアを始めます。かまれた時は「痛い、ダメ」と短く伝えます。

専門家によっては、途中で嫌がられたら口内のケアをしないで帰ることもあるそうです。「ポイントは焦らず、無理強いせず、一歩一歩段階を進めること。その人のことを大切に思って関わることが大事なのです」とアドバイスしています。

●歯科医の関与も重要

介護が必要な高齢者ができるだけ口で食べ続けるには、歯科の早期の関与が重要です。特に脳卒中や肺炎などで入院し、回復してから要介護状態で自宅へ戻る際には、ヘルパーや作業療法士ら関係者が集まって開くカンファレンス(会議)などに「必ず歯科も呼んでほしい」と専門家は指摘しています。

この専門家は、在宅訪問を通じて「もっと早く関われていれば口から食べ続けられた」と感じるケースをいくつも見てきたそうです。「口腔ケアは単なる口の掃除ではなく、その人の全身状態や暮らしぶりも見ながら、少しでも楽しく生きるためにできるケアを考えています。まず歯科の検診を受けて」と話しています。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2016 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2016年5月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。