お役立ち情報/情報ものしり帖


ペットを飼う前に考えたい 販売日齢


飼い犬や猫が生後何日まで親元にいたか知っていますか。幼い犬や猫が人気ですが、9月1日から生後49日未満は販売が禁止になりました。早くに親から引き離すと適切な社会性が身につかず、かむ、ほえるといった問題行動を起こしやすいといわれています。販売の日齢を巡る問題を改めて考えてみたいと思います。

生後49日未満は販売禁止です。(イラスト)●49日未満出荷禁止

埼玉県内にある「関東ペットパーク」には、繁殖業者らが連れてきた約600匹の子犬や子猫が集まっていました。一匹一匹、専用のボックスに入れられ、獣医師による身体検査を受けた後、オークション(競り)にかけられます。日本のペットショップの多くが、こうした生体市場で犬や猫を入手しているといわれています。

会場の一角に「生後49日未満の生体は出荷できない」との掲示がありました。2013年9月施行の改正動物愛護管理法によって、「生後56日(8週)未満」の犬や猫の販売が禁止されました。ただ、付則で施行後3年間は「45日」、9月1日からは「49日」となっています。これまで規制がなかったため、飼育日数が延びることで生じる経費などペット事業者への影響を考慮し、緩和措置が設けられました。

いつ「56日」が実施されるか不透明な状況に、動物愛護団体関係者の不満は募っています。動物福祉先進国の欧米の法律では「生後8週」を採用している例が多いからです。動物との共生を考える連絡会は「人と共に幸せに暮らすのに犬や猫の心身の健康は欠かせない。売れやすさに偏り、置き去りにされている」と指摘します。

今年3月に札幌市で可決された「動物愛護管理条例」(10月施行)は注目を集めました。全国で初めて、生後8週間は親子を一緒に飼育する努力義務が盛り込まれたからです。

きょうからよろしくね!(イラスト)●離乳期 社会性学ぶ

生後8週とはどんな時期なのでしょうか。犬を例にとると、離乳期にあたります。平均的に生後7〜10週の間といわれているのです。この離乳期に子犬は母犬から社会性を学びます。日本獣医生命科学大講師(動物行動学)の入交真巳さんは「離乳が不十分な段階で引き離すと、子犬の不安傾向が高まると分かっている。その結果、周囲とうまく関われず、恐怖心から攻撃的にほえたり、かんだりと過剰な反応を示しやすくなる」と説明します。飼いづらく、飼い主が見捨てるといった不幸な状況を招きかねないのです。

会場に来ていた繁殖歴18年の男性は、生後8週にも対応できるよう飼育ケージを大きくするなど態勢は整えました。一方で「日々、犬と触れ合い、離乳期は犬種や個体によって差があるのを経験している。一概に決めるおかしさは感じている」と言います。

環境省は18年8月までに、親から引き離す理想的な時期を検討するため、子犬や子猫の飼い主の協力を得ながら調査を進めています。

全国14のペットオークション業者で作る「ペットパーク流通協会」の上原勝三会長は「販売の日齢イコール殺処分の原因ではない」と主張します。競りに、テレビCMで人気の白いポメラニアンが登場すると、落札価格が瞬く間に10万円を超えました。流行だけで安易に犬や猫をほしがる人がいるのも否めない現実です。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2016 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2016年10月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。