お役立ち情報/情報ものしり帖


キラキラネームに込めた思い


読み方が難しい「キラキラネーム」と呼ばれる名前の人たちがいます。ときには不都合に出くわすこともありますが、親の思いが込められた名前と共に長い人生を過ごす中で、個性的な生き方を見つける一つのきっかけにもなっているようです。

●救急現場で混乱キラキラネームに混乱する病院(イラスト)

「キラキラネーム、頼むからやめてください」

埼玉県立小児医療センターの植田育也医師(49)は2013年にツイッターでそう訴えました。救急隊から患者情報の電話が病院に入った際、耳慣れないキラキラネームだと患者のIDを作り間違える恐れがあったためです。

「え? いらり? いらひ? りらい?」。例えば、救急隊員とこのような押し問答になってしまうというのです。

植田医師の訴えに、インターネット上では「よく言った! キラキラネームは気にくわない」など多くの否定的な意見が寄せられる一方で、「通話表を使ってはどうか」という意見も届きました。

これをきっかけに、以前は聞いた音を復唱する確認の仕方でしたが、現在は「アは朝日の『ア』、イはイロハの『イ』」と確認することで、名前を正確に把握できるようになったといいます。植田医師は「キラキラネームだからといって目くじらを立てず、受け入れることが大事だと思うようになった。名前が理由で非難されたり、からかわれたりすることがあるようならば、そんな扱いをする社会が悪い。さまざまな自由を認める教育と社会変容が必要だ」と話しています。

●「名前を誇りに」

名前は時に子供を苦しめ、人生を左右することもあります。栃木県で00年に、珍しい名前を付けられた50代の男性が、父親を殺害する事件が起きました。動機について「女の名前みたいで気に入らなかった」と語ったといいます。宇都宮地裁は「名前を付けた父親に何ら落ち度はない」として懲役14年を言い渡しました。

「キラキラネームという呼び方ができて世の中で騒がれ出してから、注目度が上がった。名前を付けた親がばかにされたり、名前でからかわれたりすることが増えた」。千葉県在住の渡部亜ポ論(わたなべ・あぽろ)さん(32)はそう話します。父親がギリシャ神話の神の名前になぞらえて命名しました。「世界に通用する男になるように」。思いが込められた名前を今は誇りに思っているそうです。渡部さんは「親からもらうものが最初は命だとしたら、次にもらうのが名前。すごく考えて付けてくれた親をばかにされるのが一番嫌です」と語気を強めます。

現在は、介護士として在宅障害者のケアにあたっています。「僕の名前はマイノリティーだから、昔から『人は人』という感覚が強い。障害がある人も立場は違えど一人の人間。そう思えるのは、少なからず名前が影響していると思う」

イラストレーターとして働く西田真魚(にしだ・まお)さん(32)は、空海の幼名「真魚(まお)」から命名されました。名前の響きから女性に間違われることもあるそうです。「名刺を渡すと名前の由来を聞かれる。会話のネタには困りません」。自分自身と向き合いたい時には、空海が開いた高野山(和歌山県)に足を運びます。西田さんは名前が自らの人生に影響を及ぼしていると感じているのです。

門倉美似衣(かどくら・みにい)さん(29)は、ウォルト・ディズニーのキャラクター「ミニーマウス」から名付けられました。両親がディズニーの大ファンだったからです。名前に反応されるのが嫌な時期もありましたが、今は気にしていません。門倉さん自身もディズニーが大好きです。「珍しい名前だと毎回言われてきたけれど、今はいろんな名前の子供がいるのが普通になりました。この時代に生まれたら、珍しくもなく普通だったと思います」

●社会を反映時代を反映する名前(イラスト)

10万人以上の名付け相談に応じてきた命名研究家の牧野恭仁雄(くにお)さん(73)は「流行の名前にはその時代、その社会に欠けているものが表現されている」と分析します。昭和初期の食糧難の時代にはやった男の子の名前は「豊」や「茂」など収穫を表す漢字が多かったといいます。現代の男の子で人気のある「翔」の漢字は「はばたきたいのに、はばたけない」という自由への欲求が表れているとみます。

個性的な読み方の名前を候補に挙げる数多くの親にも会ってきました。自分がどうしたいかではなく、「ママ友に平凡だと思われないか」を気にする傾向が強いと感じています。牧野さんは言います。「周囲の空気を過剰に読んで生きてきた親が、自主的な生き方を見失ったことの表れではないか」。そして「変わった名前についてあれこれ言う人は多いが、親や子供を批判するのはよくない。時代を反映するのが名前なのです」。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年3月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。