お役立ち情報/情報ものしり帖


蚊に刺されないためには


蚊に刺された女性(イラスト)チクッと一刺しした後、かゆみと、場合によっては病気を残して去っていく――。今年もまた、蚊が活発に動き回るシーズンを迎えました。なるべくなら、蚊を避けて暮らしたいものです。身を守る対策についてまとめてみました。

●暑すぎるのは苦手

日本には約100種類の蚊がいるといわれています。身近にいてよく知られているのはヤブカの一種・ヒトスジシマカやイエカに属するアカイエカです。日中から夕方にかけて活動が盛んになるのがヒトスジシマカ。デング熱などの感染症を媒介します。一方、アカイエカは夕方以降に活動。夜間に「プーン」と飛び回り、睡眠を邪魔する存在です。

アース製薬によると「ヤブカはもともと北日本では見られなかったけれど、温暖化の影響で生息域はだんだん北上しています」とのことです。最も活発に動く気温は25〜30度程度。猛暑日など暑すぎるときは蚊も活動が鈍り、死ぬこともあるそうです。

蚊は普段は、花の蜜などを吸って生きています。人の血を吸うのはメスが産卵するときだけ。卵に必要な高たんぱくの栄養源として、ほかの動物の血を必要とするため、人が出す汗などのにおいや、呼気に含まれる二酸化炭素を感知して近づいてきます。子どもが刺されやすいのは体温が高く、よく汗をかくから。お酒を飲んだ人が刺されやすいのも同じ理由で、飲酒によって体温が上がり呼吸数が増えるからだといいます。キャンプやバーベキューなど、アウトドアで飲酒する機会が多い人は要注意でしょう。

●まず増やさない

蚊の発生対策は成虫を駆除するよりも、卵を産ませないことや幼虫(ボウフラ)を退治することのほうが有効です。ボウフラは水中で成長するため、水のないところからは蚊は発生しません。東京都は、国内でデング熱が流行した2014年の翌年から、6月を「蚊の発生防止強化月間」と定め、都民への啓発に努めています。「今年で3年目ですが、蚊に対する関心や意識は高まっています」(都環境保健衛生課)

対策は、不要な空き缶や古タイヤなどは片付け、家の周囲に水がたまるものをなくす▽植木鉢の受け皿、墓地の花立てなど水が必要なところは、こまめに清掃し、週に1度は水を替える――などです。ヒトスジシマカの卵は、1CCの水があればふ化が可能だそうです。また、アカイエカは気温などの条件がそろえば、10日ほどで卵から成虫になってしまいます。シーズン中は、少量のたまり水も見逃さないことが大切です。

表示を良く見て選びましょう(イラスト)●虫よけは表示見て

しかし、どんなに注意していても、蚊の発生を完全に防ぐことはできません。近づきにくくする方法はないでしょうか。

カレンソウやシトロネラ、ゼラニウム、レモングラスなど虫が嫌がるにおいを出すというハーブの存在も知られていますが、「植えたら1匹も来なくなる、というわけではないので、実用的な『蚊よけ』としては勧められない」と専門家は口をそろえます。確実に駆除したいなら、蚊への効果をうたう蚊取り線香などの薬剤に頼らざるを得ません。屋外用、屋内用などさまざまな商品があります。

肌につけるタイプの市販の虫よけ剤は、用法用量を守って使用するのが基本。注意したいのは忌避剤として使用される化学物質「ディート」が含まれる製品で、厚生労働省は子どもの使用について、生後6カ月未満は使わない▽6カ月以上2歳未満は1日1回▽2歳以上12歳未満は1日1〜3回▽顔には使わない――などと目安を示しています。赤ちゃん用を購入する際は、表示をよく見て選びたいものです。

アレルギーなどで薬剤が使えない人は、長袖、長ズボンや靴下で肌の露出を減らし、汗はこまめに拭いたり洗い流したりしましょう。また蚊は黒っぽい色に寄ってくるので、白い服のほうが刺される確率は下がります。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年7月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。