お役立ち情報/情報ものしり帖


動物の乗り物酔いを防ぐ


犬を車に乗せて出かけたら、具合が悪くなってしまった、という経験はありませんか。動物にも乗り物酔いはあります。対策をまとめました。

●小刻みに段階踏む

車酔いで具合が悪くなった犬(イラスト)犬のしつけや問題行動に詳しい増田宏司・東京農業大教授(動物行動学)によると、犬の乗り物酔いは人間と同じメカニズムで、耳の中の三半規管が振動で刺激されて起こります。嗅覚が鋭いため、家にないにおいに敏感に反応してしまうのです。主な症状として、落ち着きがなくなる▽表情がうつろになる▽よだれを垂らす▽ほえる▽震える▽あくびや嘔吐(おうと)――が知られています。

動物病院へ連れていくときだけ車に乗せていると、緊張や恐怖といった過去の嫌な記憶を思い出し、車を見ただけで乗り物酔いの症状が出る犬もいます。「車に乗るといいことがある」と思えるよう、日ごろから公園など楽しい場所にも車で行き、一緒に遊ぶとよいでしょう。子犬の頃から慣れさせるのが一番ですが、成犬を譲り受けた場合でも、訓練で車への抵抗をなくすことは可能。(1)抱っこして車を見せる(2)抱っこしてドアに触る(3)一緒に車に乗る(4)エンジンをかける(5)家の周囲を1周(6)近くのコンビニまで――といった具合に小刻みにステップをたくさん作り、各ステップを10回程度繰り返しながら徐々に車に慣れさせましょう。落ち着きがなくなったり呼吸が荒くなったりするようなら、一つ前に戻ってやり直します。また、小型犬なら普段からハウスをクレート(運搬ケース)にしておき、クレートごと車に乗せるようにすると、いつもと同じ環境で落ち着いて過ごせます。「災害時の避難にも有効なので、クレートトレーニングを諦めないでほしい」と増田教授は言います。

乗せない選択肢も(イラスト)●乗せない選択肢も

車内ではケージやクレートを揺れの少ない場所に固定。犬が興奮したり暴れたりしないようにします。満腹や空腹を避ける▽マットやクッションなど普段使っている「におい」を車に持ち込む▽窓を少し開けて空気の流れを作る▽休憩をこまめに取って外で遊ばせ、疲れたところで車に乗せる▽安全運転を心がけ、振動や音の少ない車(電気自動車など)に乗せる▽犬用のアロマオイルを活用する――も予防になります。増田教授は「あまり神経質にならず、犬と飼い主の双方に負担にならない方法を試しましょう。『連れていかない』選択肢も含め、お互いが幸せでいられる生活を考えてほしいです」と話しています。

●ハリネズミも苦手

ほかの動物に乗り物酔いはあるのでしょうか。鳥と小動物を専門に診察する、都内の動物病院長は「移動のストレスはどんな動物にもあり、揺れに強い動物と弱い動物がいます」と説明します。揺れに弱い小動物としてハリネズミを挙げ「車で来院するハリネズミのうち5%程度は、途中で吐いています」といいます。

数は少ないけれどフェレットやヒョウモントカゲモドキも、車で具合が悪くなることがあるといいます。一方で、バランス感覚がある鳥類やリスは揺れに強く、酔うことはほとんどないそうです。ウサギやモルモットも体のつくりが嘔吐できないようになっているので、戻す心配はないそうです。

本来なら連れ歩かないほうが動物のためにはいいけれど、通院や引っ越しでやむを得ず車に乗せることもあります。ハリネズミを移動させるときは、キャリーにフリースやタオルを軽く詰め、揺れで体が不安定になるのを避けましょう。もぐったり隠れたりする場所があれば落ち着くそうです。

前もって分かっていれば、犬と同様、少しずつ車に乗る時間を延ばして慣れさせておきましょう。キャリーは膝に抱き、なるべく振動を抑えるとよいです。冬場にカイロで温めるときは高温になりすぎないよう、またカイロが酸素を消費するため酸欠にならないよう気をつけます。「車酔いを何度も繰り返している子は、誤嚥(ごえん)を防ぐために乗る直前はえさを与えず、水も控えめに」と院長はアドバイスしてくれました。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年8月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。