お役立ち情報/情報ものしり帖


ほめ上手をめざそう


子供の「困った行動」を注意し続けても効果がなく、親も叱る自分が嫌になってしまうことがありますね。どんなふうに声をかけると、親も子も楽になるのでしょう。具体的な対処方法を学ぶ「ペアレントトレーニング」(ペアトレ)を体験してみました。

●困る行動を仕分け

ペアトレは発達障害がある子の親を支援するため、1970年代に米国で開発されました。日本にもいくつかの方式があり、今回体験したのは発達支援の教室を手がけるLITALICO(リタリコ、東京都目黒区)のプログラムです。障害の有無にかかわらず親の「困りごと」に対応する内容で、昨年度には約1500人が受講したそうです。

体験したのは基本編(60分×6回)の初回。初対面の母親3人とグループで受けました。通常6回とも原則同じメンバーで続けていくそうです。この日はまず、子供の増やしたい行動や困った行動を書き出しました。取材した記者は長男(3)について「歯磨きがスムーズにできない」と書いてみました。それぞれ困りごとを発表していくと、講師の女性が必ず「それで何か弊害がありますか」と聞きました。よく考えてみると、本当に困るべきことは少しだと気付かされる一言でした。

上手にほめる母親(イラスト)●ハードルを下げる

初回のテーマは「ほめ上手になろう」。叱ることで望ましい行動を取らせる手もありますが、結果的に親を避けたり、親がいない場所では良い行動を取らなくなったりします。一方、ほめると子供が自信や意欲を持って次の行動に取り組めるようになり、親子関係も良くなるのです。自己肯定感も高まります。井田さんは「楽しく子育てできることを目指しましょう」と説明します。「ほめるところがない」と悩む親もいますが、ほめる行為はある種の技術に近いものです。その年齢でできるとされていることは、全ての子に当てはまるわけではないのです。「その子」の個性をよく見て、(1)ハードルを下げてほめる(2)努力をほめる(3)困った行動をしていないことをほめる――の三つを意識することが大切です。

例えば歯磨き。一連の動作を、遊びをやめる→洗面所に来る→歯磨きを始める――などの段階に分け、その子なりに頑張れたステップまでをほめることです。我が子の場合、「歯磨きよ」と声をかけてすぐ返事ができた日に「お、今日はいい返事」とほめると、その後がスムーズになりました。

効果的にほめてスムーズに行動(イラスト)効果的にほめるコツは(1)良い行動をしたすぐ後に(2)分かりやすい言葉や表現を使う(3)子供に合ったほめ方をする――の三つだそうです。子供扱いされたくなくて、ほめると機嫌を損ねるタイプには「もう歯磨きしているんだね」とできた行動を認めるだけでいいそうです。くすぐりやハイタッチなどの触れ合い、感謝の言葉なども、ほめ言葉の代わりになります。

記者も家庭で実践してみました。うまくいかない日もあったけれど、「今日はほめてないな」と自分を客観視できるようになりました。約1カ月半後、2回目の体験講座で講師に報告すると「頑張りましたね」とほめられ、親もハードルを下げて少しずつ実践できればいいと励まされました。さまざまな声かけの実例やコツを聞いた後に実践と振り返りを繰り返し、他の親とも共有する――。孤立しがちな子育て中の親に、心強い支援だと感じました。

基本編はこの後、子供が自分でやれる環境を作る「整え上手」と、声かけの仕方を学ぶ「伝え上手」が続きます。応用編(60分×3回)と思春期編(90分×5回)もあります。

●否定的な言葉封印

「子育てはそんなに大変じゃないと思えるようになりました」。東京都中野区の50代の母親は、注意すると「消えろ!」と怒鳴りながら物を投げるようになった高校生の長女(17)に悩んで思春期編を受講しました。長女は広汎(こうはん)性発達障害とされていて、行動がゆっくりでこだわりが強い特徴があります。母親はいつも、「早くしなさい」と口出ししてきたそうです。初回テーマの「聴き上手になろう」を受けてすぐ、「私がやっていたことは全て逆だった」と気付いたそうです。

受講後は、否定的な言葉は封印して極力黙ろうと意識し、長女が話す時は「そうだね」と共感しました。ほめ言葉を嫌うので、片付けをしたら「ありがとう」と伝えました。長女の態度はみるみる変わり暴力も暴言もやみました。買い物に付き合うと、初めて感謝もされたそうです。母親は「親の思いばかり押しつけていました。もっと早く受講したかったです」と話しました。

ペアトレは、発達障害にかかわる医療機関や市区町村の保健センター、発達障害者支援センター、NPO法人、民間企業などが実施しています。発達障害のある子を持つ親に対象を絞ることが多いですが、リタリコのように誰でも受講可能な場合もあります。対象や方式、受講料はそれぞれ異なるので、事前に問い合わせた方がよいでしょう。

厚生労働省が2015年に1853市区町村を対象に実施したアンケートでは、回答した50市区町村(回収率27.15%)のうちペアトレを実施しているのは約2割でした。普及に向けては、実施に必要な人材の育成が課題とされています。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年11月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。