お役立ち情報/情報ものしり帖


実家の片付け


年を重ねた親が住む実家は、人生の長さに比例して何かと物が多いものです。家族が集まる年末年始は、大掃除にかこつけて片付けるチャンス。親と一緒に、「よりよく生きるための生前整理」に取り組んでみませんか。

生前整理普及協会(名古屋市)の生前整理アドバイザー認定指導員、元井麻子さんは、7月から約4カ月かけて東京都内の実家の片付けをしました。その経験を交え、実家の片付けのコツを聞きました。

「片付けを一緒にやろう」と母を誘う娘(イラスト)親は片付けたいと思ってはいても、なかなか自分から動けないものです。「ポイントは一緒にやろうと誘うこと」と元井さん。床に物がいくつも置かれていると乳幼児には危険なので「片付けたら孫やひ孫が遊びに来られる」と説得してもいいでしょう。元井さんの場合は、元々「片付けられない人」だった自分の家の片付けをし、ビフォーアフター(前後)の写真を母親に見せたそうです。感心した母親が「うちもやって」と乗り気になったところで、お茶を飲みながらリビングの小さなマガジンラックを整理しました。中身を全部出し、要る物と要らない物を母親に分けてもらうと、古いタウンページや期限切れのカタログばかりで、残ったのは当日の新聞とカタログ1冊だけでした。こうした「小さな成果」で心を動かし、何回かに分けて一気に片付けたということです。

まとまった時間が取れない場合は引き出し1段ずつでも進めると、いずれタンス一つ分が空き、タンスごと捨てられることもあります。トイレや洗面所、玄関、台所は場所の性格が決まっていて手をつけやすいです。例えば買い置き洗剤が玄関にあればすぐ「おかしい」と分かるからです。逆にいろいろな物を置くリビングや各自の部屋は最後に回しましょう。

「実家は一見きれいだけど作り付け収納が多くて、開けたら物がぎっしり詰まっていました」と元井さん。まずは、元井さんら子供世代が置きっぱなしにしていた荷物を、きょうだいそれぞれの自宅に送りました。「家は何千万円もする。そのうち1室を物置にするということは、物置に何百万円も払っているのと同じです」

母娘で実家の片付け(イラスト)片付けには、大きめのレジャーシートを活用しました。(1)要る(2)要らない(3)移動(4)迷い――に4分割し、収納からいったん全て取り出し、分類していきます。重要なのは必ず親自身に分類してもらうことです。「こんなの要らないでしょ」は厳禁で、口を出せばその時点でもめて終わります。元井さんの母親は最初、大量の洋服を全て(1)にしていました。忍耐強く待つと、「やっぱり使わないわ」と取り分け始め、徐々にスピードが上がりました。使わなくても捨てるのはもったいないという気持ちを尊重し、質の良いものはリサイクルやバザーに出しました。不要だが思い入れのある物は、最大でもミカン箱サイズまでとする「思い出箱」へ移しました。

どの部屋にも大量にあったのは紙袋。一部は短く切ってタンスの中の仕切りに使いました。地震に備えて重い物は下、軽い物は上へ入れ替え。作り付けの棚は天井から床まであっても手の届く範囲だけに限り、「これだけにしか入らない」と物を手放す動機づけにしたのです。

納戸は早い段階で片付け、迷った物をいったん置く場所として活用しました。

アルバムもあちこちから出てきました。片付けの後、親自身が写っている写真から「輝いている私」をキーワードに100枚選び、最終的に30枚に厳選、不要分は白布にくるんでごみに出す予定です。捨てられなくても、どれが大事な写真かすぐ分かるようにしておくことに意味があります。

「人の目で見てもらうと、どうすれば使い勝手がいいか気づかされました」。片付けを終えた母親はそう振り返ります。母親の自室は1階なのに、普段着は2階の父親の部屋にありました。片付け後は全ての服が1階の自室だけに収まって季節ごとの入れ替えも不要になり、「気持ちが楽になった」と喜びます。実家を出て20年の元井さんも「今は元気でも、いつか両親も入院することがあるかもしれません。今のうちに何がどこにあるのか把握できて良い機会でした」と話します。

価値が高い物や大切な物を次世代に受け継ぐ意味でも片付けは大切です。元井さんは「亡くなった後に手に負えず遺品整理業者に丸投げするのは悲しいものです。片付けは決断力や判断力、ごみを出す力も必要です。体力があるうちに、できるだけ早く取りかかった方がいいでしょう」と勧めます。

実は、片付けは8段階ある生前整理の最初のステップです。元井さんは今後、やり残したことや大切な人のリスト作成など、「心」と「情報」の整理も支援していくそうです。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年12月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。