お役立ち情報/情報ものしり帖


上手につきあおう更年期


顔がほてる、気分が落ち込む、体が重いなど、さまざまな症状が起きる女性の更年期。女性ホルモンが急に減る40代後半から体調不良を訴える人は多く、女性の社会進出が進む中、企業や組織は対策が欠かせません。そもそもなぜ起こるのでしょう?周りはどんな配慮をすればいいのでしょう?覚えておきたい更年期症状のイロハをまとめました。

女性のライフサイクルは、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)と深く関わっています。女性ホルモンの分泌量は初潮を迎える思春期に増え始め、妊娠・出産が可能な性成熟期でピークに達します。その後、卵巣機能が低下しホルモン分泌が大きく減るのが更年期です。一般的に閉経を迎える前後の10年間(40代後半〜50代前半)を指します。

もしかして更年期!?(イラスト)●発汗、頭痛、疲れ…

症状で多いのは、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり、発汗などの「血管運動神経系」と、イライラや不眠、不安感などの「精神神経系」。他にも頭痛や耳鳴り、手足のしびれ・こわばり、肩こり、関節痛、頻尿、性交痛、皮膚のかさつき、目の疲れ、動悸(どうき)・息切れ、全身の疲れやすさ――などさまざまです。さらに、ストレスなどの環境や性格、体質も複雑に絡んで起きるため、症状は個人差が大きいのです。

更年期症状の程度をみるために広く利用されているチェックリスト「簡略更年期指数(SMI)」は10項目の症状の度合いを点数化し、51点以上だと受診が必要とされます。しかし更年期医療に詳しい、よしかた産婦人科(横浜市)の善方裕美副院長は「一つの症状だけが重い人もいるので日常生活に支障があるなら受診を。逆に症状が多くても運動や食事など別の方法で自己管理できているなら受診しなくても大丈夫」と言います。

ただ、同時に考えたいのがヘルスケアです。更年期症状が終わっても、エストロゲンの減少で60代からは脂質代謝異常、70代からは骨粗しょう症になりやすいのです。実はこちらの方が更年期症状より深刻な病気ですが、閉経期から女性ホルモンを補えば予防できます。このため善方医師は「今は治療の必要がなくても、先のことを考え予防的にホルモン補充を行うのも一つの方法。医師とよく相談してほしい」と話します。

●症状ごとに治療法

更年期障害の治療法は症状によって異なります。

のぼせや発汗は、卵巣ホルモンの欠乏で起こるため、ホルモン補充療法(HRT)が効果的です。内服薬や貼り薬、塗り薬によりエストロゲンを体に補充する治療法で、閉経前後5年以内くらいで使い始めるのが有効とされます。ただし乳がんや肝臓病、心臓病、脳卒中、子宮体がんなどの人は使えません。かつては副作用で乳がんのリスクが高まると言われましたが、最近は薬の組み合わせを選べば問題ないことが分かってきました。血栓症のリスクも、しっかり管理していれば心配ないといいます。

別の病気が隠れていることもあるので、まずは該当科で診てもらうと診断が早いでしょう。例えば全身の倦怠(けんたい)感は、貧血や甲状腺機能低下症、うつ病の可能性について内科や精神科で確認し、問題がなければ更年期症状と考え、生活改善をしつつ投薬治療を行います。頭痛の場合は、脳神経外科で脳の異常がないか診てもらった後、婦人科や眼科、歯科を受診するという具合です。

生活改善で効果も!(イラスト)●生活改善で効果も

漢方や生活改善も効果を発揮します。「まずは睡眠、バランスの良い食事、適度な運動を取るなどの生活改善を。全体的な体の衰えや手足の冷え、イライラなどは漢方がよく効きます」。市販薬やサプリメントは3カ月試して不調がなく、効果が実感できるなら続けてもいいが、多種類を服用すると肝臓、腎臓に負担がかかる場合もあるので注意が必要です。

近年、女性が不調を訴える時期が早まっているそうです。善方医師は「卵巣は50年ぐらいしか機能しない繊細な臓器。妊娠を望まない女性にとって、毎月の排卵で卵巣をフル回転させ、生理の出血で貧血リスクと戦うのは得策ではありません」とし、「女性の社会進出が進む今、妊娠・出産を考えていない時期や月経前に不快な症状が続くPMS(月経前症候群)の人は、積極的に低用量ピルを利用することは良い選択肢の一つです。20代、30代から自分の体を知り、薬を賢く使ったり、バランスの良い食生活を心がけたりしてほしいものです」と話します。

●企業の支え重要に

約20年前から更年期に関する無料電話相談に応じるNPO法人「女性の健康とメノポーズ協会」(東京・新宿)には現在、仕事との両立に悩む相談が多く寄せられ、晩産化で更年期と育児、介護、仕事の「四重苦」に悩む女性も少なくないそうです。協会が2015年に行った調査では、更年期の不調が原因で仕事を「辞めたことがある」と答えた人が45%に上りました。三羽良枝理事長は「更年期は『女でなくなる』などマイナスのイメージがあるが、月経がなくなって楽、ぐらいに思っていいのです。年齢に応じて生活の質を上げることを考えるきっかけにして」と話します。

16年に女性の採用や昇進に向けた企業の取り組みを促す女性活躍推進法が施行されましたが、企業の更年期対策はあまり進んでいません。キャリアカウンセラーの水野順子さんは「今後は第2次ベビーブーム世代が一斉に更年期を迎え、対策をしない企業は優秀な人材を失います」と重要性を強調します。例えば、ホットフラッシュで接客が難しい人や、目の症状でパソコン作業がつらい人もいます。パートでも体調に応じて配置換えができたり、幹部職員が一時的に降格できたりする仕組みがあると働きやすいものです。男性上司は女性の体調について聞きづらいかもしれませんが、部下の体調管理は重要な仕事。水野さんは「面談時に『仕事上、体調面で聞いておいた方がいいことはありますか』と尋ねたり、面談シートに質問項目を入れたりすると話しやすくなります」とアドバイスしています。

………………………………………………………………………………………………………
<更年期症状についての相談先など>
◇女性の健康とメノポーズ協会
 電話相談=03・3351・8001(毎週火・木曜日の午前10時半〜午後4時半)
 ホームページ(HP)=http://www.meno−sg.net/
◇日本女性医学学会HP
 http://www.jmwh.jp/(自宅近くの専門医師が探せる)


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2018 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2018年2月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。