お役立ち情報/情報ものしり帖


梅雨時のヘアケア


梅雨の季節に、きちんとセットしたはずの髪の毛が広がったりうねったりして悩んだ経験はないですか。湿度が高くてもきれいにまとまるヘアケア方法を、花王「ヘアケア研究所」の研究員にうかがいました。

髪のうねりに悩む男性(イラスト)雨の日や湿度が高い日は、ヘアスタイルが決まりにくいものです。その原因は、空気中の水分や地肌の汗によって髪が水分を取り込み、形が変わりやすくなることにあります。

研究員によると、乾いている髪の内部では、たんぱく質など毛髪を形成する成分がしっかりと水素結合しているため、一本一本の形が変わりにくいそうです。一方、髪がぬれたり湿度が高かったりして内部に水分が取り込まれると、水素結合が緩くなり、形が変わりやすくなるのです。ぬれて形がゆがんだまま再び乾くことで、ハネやうねりがつきます。もともとくせの強い髪質の人は、湿度が高いとくせが強く出てしまいます。また、それぞれの毛髪がバラバラの方向にくせ付くと、髪にボリュームが出て広がって見えることもあります。

ではどうすれば、うねりに悩まされずに済むのでしょう。まず大切なのは、外出前に、髪の表面だけでなく内側や毛先までしっかり乾かしながら、好みのヘアスタイルにセットすることです。乾かし方が不十分だと、内側の髪から出る水蒸気で表面の髪が浮いたり、毛先がばらついたりするのです。襟足がはねる原因にもつながります。

セットする際は、根元から乾かすことで髪の流れを整えます。毛髪の根元を頭皮から起こすことを意識して乾かすと良いです。指を髪の内側に入れ根元付近で細かく動かしながら風を当てることで、ムラなく乾かすことができます。

雨の日もしっかりキープ(イラスト)根元が乾いてきたら、根元から毛先に向かって風を当て、毛の流れを整えましょう。耳から前は、頭の丸みに沿って手ぐしを入れながら風を当てます。耳より後ろは、襟足から前に向けて風を当て、毛先を前に引き出すように乾かします。髪が温まったままではくせが付きやすいものです。形が整ったら、最後に冷風を当てて髪を冷ますと、ヘアスタイルが崩れにくくなります。

ドライヤーを使う際は、髪が傷むことを防ぐため、必要以上に髪に熱を加えないことが大切です。ドライヤーの風の吹き出し口と髪を10センチ以上離せば、髪の表面温度が100度以上になりにくく、髪が傷みにくいものです。また、髪が乾ききって熱くならないよう、温風と冷風を切り替えて当てながら乾かすと良いそうです。指に吸い付くような感触からさらさらな感触になるのが、髪が乾いた目安。乾いた後に温風を当て続けないように気をつける。

外出先で襟足などがはねてしまった場合、ぬらしてなでつけるだけでは逆効果です。一度付いたくせを直すためには、ドライヤーなど髪をしっかり乾かすことのできる環境で、再び根元から形を整え直す必要があります。

スタイリング剤でハネやうねりを抑えることはできるのでしょうか。研究員は「スタイリング剤で髪を完全にコーティングすることはできないので、湿度の影響をゼロにすることはできない」と話します。けれど、毛髪同士を寄せてばらつかないようにすることで、湿気があってもスタイルを一定程度キープすることができます。ストレートヘアの場合、表面の髪がまとまっていれば、内側の髪は湿気の影響を受けにくくなるともいいます。

杉野さんのおすすめのスタイリング剤は、乾かした後にも使いやすい水分の少ないヘアスプレーです。髪の表面だけでなく内側にも吹き付けることで、整えた形をキープできます。

普段からできる手入れとしては、毛髪の一番外側を覆う「キューティクル」を保つことです。キューティクルが傷むと、毛髪内部に水分が取り込まれやすく、より湿度の影響を受けやすい状態になります。

また、セットしてもくせが気になってしまう人は、髪の毛を束ねたりまとめたりして崩れにくいヘアスタイルにするか、毛流れがそろうよう、梅雨の時期に合わせてカールパーマやストレートパーマをあてる方法もあります。

一工夫した髪の手入れで、梅雨の時期もおしゃれに乗り切りたいものです。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2017 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2017年6月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。