お役立ち情報/情報ものしり帖


偽アプリのゲームに注意


スマートフォン(スマホ)向け人気ゲーム「スーパーマリオラン」や「ポケモンGO」に見せかけウイルスを感染させる「偽アプリ」が横行し、個人情報を抜き取られる被害が出ています。

偽アプリを作る犯罪者(イラスト)●見た目はそっくり

正規品と見た目は同じ偽アプリ。インストールするとスマホ内の連絡帳や画像、インターネットの閲覧履歴などの情報を抜き取られてしまうほか、画面いっぱいに広告表示が表れる迷惑なタイプもあります。遠隔操作機能のあるウイルスを忍ばせ、知らないうちに通話を録音されていたり、カメラで撮影されたりする悪質なものも登場しているのです。

情報セキュリティー大手・トレンドマイクロ(東京都渋谷区)によると、2016年9月に公開された任天堂のゲームアプリ「スーパーマリオラン」の偽アプリは翌年3月末までに34種類が確認されました。中にはクレジットカード情報をだまし取る悪質なものもあります。社会現象にもなった「ポケモンGO」でも、日本での配信が始まる直前の16年7月上旬から中旬にかけての約2週間で149件発見され、計3900万回以上ダウンロードされていたのです。

●個人情報流出誘導

トレンドマイクロの担当者は「犯罪者の狙いは個人情報。何とかしてインストールさせるため、話題に上ったゲームやサッカー・ワールドカップなどの『人気』に便乗しているのです」と指摘します。

メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に張られたリンクから、偽アプリが置かれている不正サイトに誘導されるケースが多いです。本来は有料なのに「無料」とうたっている場合や、ゲーム内で使える仮想通貨を「プレゼント」としていた時は特に注意が必要です。

最近では、ゲームだけでなく、カジュアル衣料品「ユニクロ」を装い、携帯電話やスマホのショートメッセージサービス(SMS)で不正サイトに誘導し、偽アプリをインストールさせる手口も登場しています。

●不審な点確認を

この担当者は「偽アプリは正規品をコピーして作っているので見た目で判断するのは難しいです。セキュリティーアプリを使うなど対策を講じることが必要です」と語る。また、「アップストア」や「グーグルプレイ」といったアプリの事前審査がある公式マーケット以外で入手しないことも重要なのです。

偽アプリを見破るには(イラスト)インストールする際に表れる確認場面でも、偽アプリを見破るヒントがあります。確認場面では連絡帳▽位置情報▽カメラ――などへ外部からのアクセスを認めるよう求められます。偽アプリは、内容と無関係なアクセス権限を求めようとする場合が多いため、不審な点がないか確認しておきましょう。アンドロイド端末は、セキュリティー設定画面で「提供元不明のアプリのインストールを許可する」を無効にしておくことで、防ぐこともできるのです。

アプリの動きがおかしかったり、身に覚えのないSNSへの投稿や送信履歴があったりした場合は不正アプリをインストールした可能性があります。まずはセキュリティーアプリを起動し、ウイルスを検出した場合は、すぐにアプリをアンインストールしましょう。既に個人情報が流出している可能性もあるため、SNSやネットバンキングなどに不正アクセスされた可能性がないか確認したうえで、被害があった場合は各サービスの問い合わせ窓口や警察に相談することが大切です。


毎日新聞生活報道部

Copyright© 2003 - 2018 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2018年8月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。