人材育成/研修制度

「自律型社員」の育成を目的として、「人材育成スキーム」を実施しています。
「人材育成スキーム」では、マネージャー層から若年層に向けた階層別研修カリキュラム、営業・損害サービス等の部門別研修、個々人のキャリア自律形成プログラム、組織の活性化を目的とした人材交流(社内留学)など、社員の資質向上に向けた各種施策を展開しています。
ここでは、多様な人材育成の取り組みの中からいくつかの研修制度をピックアップして紹介します。

新入社員のみなさんに向けた取組み

当社に入社したみなさんが、入社3年目までに「自分の担当業務を、自ら考えて行動し、一人で遂行できる状態」となっていくための、取組みを行っています。

○入社1年目

みなさんが、職場に定着し活躍していくために、まずは「与えられた仕事を、周りの力を借りながら、期待通りに、自分自身で遂行できる状態」を目指します。

・入社時研修

学生から社会人へ意識と行動の切り替えに向けて、ビジネスマナーや「報告・連絡・相談」を通した基本的な仕事の進め方等の「社会人としての基本」と「共栄火災の社員としての基本」を演習やWeb学習等、多様な手段により習得を図ります。
また、営業部門、損害サービス部門へ配属の社員は、配属後最低限必要となる業務知識やスキルも合わせて学びます。

・新入社員フォロー研修

1年目の終わりに、成長面や課題を振り返りながら、2年目に向けた「基本的な仕事の進め方」のブラッシュアップを図ります。

・職場でのOJT(On-the-Job Training)

職場の先輩社員(指導員)と一緒に、仕事を通した経験学習を行います。取組みは、「成長記録ノート」(みなさんと指導員間の紙ベースでのやりとり)を通し進めていきます。OJTを効果的に進めて行くためのOJT研修も実施しています。

※上記のほか、人事部スタッフと、みなさん・指導員・上司が成果や課題を共有する、フォロー面談を行っています。

○入社2年目以降

年次に応じて必要となる商品や業務知識などを習得する研修を、営業部門、損害サービス部門など、部門別に継続して実施していきます。

全社員を対象とする研修

○研修体系

ビジネススキルやマネジメントなど、社員それぞれの役割に必要な知識を習得する研修、自身の自らの働く意義や価値を見い出していくキャリア開発研修、営業・損害サービスなどの部門別研修を、体系的に実施しています。

人事制度

組織としてお客様に最大限のサービスを提供できるよう、社員一人ひとりの個性や適正を考慮し、適切な人材配置を行うよう努めています。
当社の人事制度は、社員一人ひとりの役職(職務)と責任を明確化し、達成感と公平性を高めるため、厳正かつ公平な評価システムとなっています。また、評価を通し、「自律型社員」を創出するために、上司と部下は徹底したコミュニケーションを図ることとしています。

◎目標管理制度による業績評価

全社員が、「会社事業計画」において、どの「役割」と「責任」を担っているのか、また、「会社事業計画」達成のためには何をしなければならないのかを明確にするために、「会社事業計画」に基づいた「個人目標」を設定し、『目標の達成度合い=成果(会社貢献)』を評価するシステムです。

◎職務行動評価

成果だけでなくプロセスも評価しようという評価システムです。成果を生み出すために「実際に取った具体的な行動」を自己申告し、その行動がどの水準であったかを評価します。

共栄火災の環境