profile

大学は経済学部です。高校、大学とも弓道部で、部活動に明け暮れました。大会会場となる日本武道館で、毎回のように徹夜で設営したのは良い思い出です。

社会人になる前に想像していたのとは180度違う
"温かい場所"が待っていました。

損害保険は、さまざまな保険の中でも特に人々の日常生活と密接に関わっているイメージがあり、学生時代から関心を持っていました。当社の説明会で社員の方と接したとき、学生の目線に立って親身に話を聞いてくださる姿勢が印象的でした。どこの会社よりも自分が働く姿を描きやすく、ここで働きたいと強く感じたのが入社の動機です。
一方で入社前の私は、「会社」や「仕事」に対して、各自淡々と業務を遂行する"冷ややかな"光景を勝手に想像していたのですが、ふたを開けてみれば180度違う"温かい場所"が待っていました。メンバーが一丸となり、互いに助け合いながらも切磋琢磨できる雰囲気があり、充実した社会人生活を送っています。 学生の皆さんにお伝えしたいのは、面接には、用意したものを暗記したりせずに自分の言葉で臨んでほしいということ。想いを素直に伝えれば、おのずと自分に合う会社へと縁が導いてくれると思います。

お客様に安心していていただくことが使命。
迅速、かつ的確な対応が肝要です。

現在は千葉県全域の自動車事故、および日常生活の個人賠償事故の対応から支払いまでを担当しています。お客様とは電話で話すことがほとんどですが、ときには直接出向くこともあります。事故に遭われて慌しい中でお会いするので、迅速かつ的確にお体の具合や事故の状況を確認することが肝要です。一刻も早く安心していただけるよう、常に心がけています。加害者、被害者の間で感情のもつれが生じているときは、仲介が難しい分、お客様の「ありがとう」の言葉が胸に沁みます。これからも頑張っていこうと思える、重みのある一言です。社会人になり、何気ない言葉の重み、ありがたみを実感するようになりました。
保険代理店の方への対応も、核となる業務のひとつです。ベテランの方がおおぜいいらっしゃるため、普段は教えていただくことのほうが多いくらいですが、事故対応の研修などをする際はレクチャーする側へ立たなければなりません。事前に内容を咀嚼して、分かりやすく説明できるよう努めています。

医療や法律にも精通した、
"保険のスペシャリスト"になりたい。

保険金の支払い業務において、何より大切なのは迅速な対応です。複数の案件が重なることもあるため、瞬時に優先順位を判断する力が求められます。計画立てて効率的に行動する、という点が、入社以来、最も成長した部分かもしれません。
昨年、はじめて高額な保険金をお支払いする案件を担当しました。判断が難しく、不安に陥りながらも無事に解決できたのは、上司や先輩の的確なアドバイスがあったからこそ。経験が糧となったのはもちろん、改めてチームのメンバーへの感謝が深まりました。幅広い対応力を身に付けるためには、保険知識のみならず、医療や法律にも通ずる必要があり、学べば学ぶほど奥深いと感じます。今後も知識向上に努め、お客様から頼りにしていただける"保険のスペシャリスト"となるのが目標です。

profile

大学は経済学部です。高校、大学とも弓道部で、部活動に明け暮れました。大会会場となる日本武道館で、毎回のように徹夜で設営したのは良い思い出です。

キャリアステップ

2013.4
首都圏損害サービス部 長野損害サービス課
2015.4
現部署へ異動

One Day Schedule

キャリアステップ

2013.4
首都圏損害サービス部 長野損害サービス課
2015.4
現部署へ異動

他の先輩を知る