profile

大学は文学部で日本思想史を専攻し、江戸時代の庶民の思想を学びました。中・高は吹奏楽部でクラリネットを担当。中学時代は東京都のコンクールで3年間、銀賞を受賞しました。

就活生目線で対応してくれる
温かい社風にひかれました。

保険商品は、お店に売っている"物"のように目に見えるものではありません。形がない商品は、人の対応力そのものが鍵となることに興味を引かれ、保険業界を志しました。入社の決め手となったのは、説明会で感じた当社の「温かさ」です。勧誘の圧力を感じる企業も少なくない中、当社は、こちらがわかりやすいようにと取り計らった上で"選ばせてくれる"スタンス。包容力のある雰囲気がとても印象に残りました。
多くの企業の中から、自分に合う企業を見つけるのは容易ではありません。私は、就職活動の際「自分の言葉で話す」ということを大切にしました。手当たり次第に内定をとりにいくのではなく、「この会社に入りたい」という素直な思いに従うほうが正直な気持ちを伝えやすくなり、自ずと結果がついてくると思います。

会社の第一印象となる部署。
責任とやりがいを感じます。

私の仕事は、生協とJAの商品における個人賠償責任保険の保険金の支払い業務です。お客様への初動対応から必要書類の発送、照会電話の対応、支払書類の確認、支払い業務までを一貫して行います。書類のみでの確認が難しい案件は、各地の損害サービス担当者と連携を取り合い、現地対応を依頼することもあります。入社以来、特に印象に残っている出来事は、保険金を不正に請求しようとするお客様に遭遇したこと。お預かりした保険料を無駄にしてしまわないよう、正しく判断することの責任と難しさを認識させられました。
最初にお客様と接する部署なので、私たちの第一印象=会社の第一印象となる点が、責任重大であると同時にやりがいを感じられる部分。的確なアドバイスで、一刻も早くお客様の不安を取り除けるよう努めています。

経験値がものをいう査定業務。
長く続けて奥深さを追求したい。

この仕事の魅力は、直接お客様とお話ができることです。入社当時は、必要最低限の対応をするだけで精一杯でしたが、5年目となった今は、お客様や相手の方の心情に寄り添う関わり方ができるようになりました。事故は赤の他人同士だけでなく、"近しい関係"の中で起きることが多いもの。そのようなケースでは、今後のお付き合いが円滑に進むようにと意識しながら処理を進めています。やり取りを通じて感謝の言葉を頂戴したり、被害者の方が「何かのときのために私も入りたい」と新規契約を結んでくださったりするなど、この仕事をしていてよかったと思う瞬間がたくさんあります。職場の雰囲気も温かく、頼れる人、気兼ねなく相談できる人など、幅広い年齢層が揃い、大変働きやすい環境です。査定業務の良い点は、経験を積めば積むほど対応スキルが磨かれ、手応えも増していくところ。長く仕事を続けて、奥深さを追求していきたいと思っています。

profile

大学は文学部で日本思想史を専攻し、江戸時代の庶民の思想を学びました。中・高は吹奏楽部でクラリネットを担当。中学時代は東京都のコンクールで3年間、銀賞を受賞しました。

キャリアステップ

2012
ダイレクト損害サービス部 コープ事故センター
2015
現部署へ異動

One Day Schedule

キャリアステップ

2012
ダイレクト損害サービス部 コープ事故センター
2015
現部署へ異動

他の先輩を知る