ホーム 共栄火災について > 健康経営の取組み

人材育成・人材開発への取り組み

経営理念で掲げる「常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待にお応えします」を実現するためには、常に活き活きとした人材と活力ある職場である必要があります。そのためには、従業員の心身の健康が保持されていることが求められます。併せて、従業員を支える家族の心身の健康も大切なファクターです。
ついては生産性を高め、持続的成長を維持していくために、「健康経営」を重点課題であると位置づけ、「共栄火災健康宣言」のもと積極的に取り組んでいます。
具体的には、健康への意識や行動を高め、「喫煙対策」、「重症化予防」、「健康増進・労働対策」、「健康教育」、「運動の習慣化」など各種取組みを実践しています。

共栄火災健康宣言

お客様の信頼と期待に応える会社であるために、従業員一人ひとりの健康が大切です。従業員が活き活きと活躍できるよう、当社は従業員と家族の心身の健康の保持・増進に取組みます。

2019年7月1日

※「健康経営」とは、従業員の健康維持と企業利益の両立が企業の持続的成長や企業イメージアップに寄与するという考えのもと、従業員が将来にわたり心身ともに健康で働きがいをもって活躍できるよう、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践していくことと定義しています。

ページトップ