ホーム 共栄火災について > トップメッセージ

トップメッセージ

「共存同栄」の精神のもと、
皆様の期待と信頼に全力でお応えいたします。

取締役社長 杉中洋文

 日頃より皆様のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当社は創業の理念である「共存同栄」の精神のもと、安心と安全を提供し、広く地域・社会の発展に貢献することを経営理念に掲げ、その実現に向けて取り組んでおります。
 近年では自然災害が相次いで発生しており、災害への備えとして保険の必要性が再認識される中、当社は今後も損害保険事業を通して社会の安定と発展に寄与していきたいと考えております。

 当社において、2017年度は3か年の中期経営計画『「未来へのナビゲーション」〜未来をより確かなものとするために〜 』の中間年度にあたります。本中期経営計画では、中長期的なスパンで今後想定されるさまざまな事業環境の変化に対応し、将来にわたる持続的な成長を遂げるため、「チャネル対応力強化による強固な"営業基盤"」「内部留保の蓄積による健全な"財務基盤"」「次世代に向けた人材の育成・総合力向上による充実した"人材基盤"」の"3つの基盤"構築に向けて、各施策に取り組んでおります。

 当社は、農林水産業協同組合、信用金庫・信用組合、生活協同組合をはじめとする協同組合・協同組織諸団体の前身である産業組合によって設立され、長年にわたり協同組合・協同組織諸団体と深い関係を保ってまいりました。こうした当社の基盤である協同組合・協同組織諸団体や、親交の深い企業・ディーラー・整備工場とその代理店、当社固有の販売チャネルである共栄プロクラブ・直販社員など、事業パートナーであるすべての募集者との信頼関係をより一層強化することで、特色のある事業活動を展開し、安定的・継続的な成長を目指してまいります。

 今後も「共存同栄」の精神のもと、常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待にお応えできるよう努めるとともに、当社の特色を活かした商品・サービスを提供することで、お客様に選ばれる優良損害保険会社となれるよう、全力で取り組んでまいります。
 皆様におかれましては、引き続き一層のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2017年6月
取締役社長

助川龍二

共栄火災を知りたい


ページトップ