トップメッセージ

トップメッセージトップメッセージ

「共存同栄」の精神のもと、
皆様の期待と信頼に全力で
お応えいたします。

 日頃より皆様のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 2022年度は、ウィズコロナを前提に経済活動が正常化の方向へ徐々に進んできたことは明るい動きとなりました。しかしながら、日本経済では円安や原材料の高騰による物価高となっており、多くの企業やご家庭が厳しい環境にさらされています。また、世界に目を向けますと、国際社会の平和と秩序、安全が脅かされている事態が続いています。
 全世界の皆様が安心して生活できる環境に戻ることを切に願っております。

 さて、当社においては、現在、中期経営計画『「GO TO THE NEXT STAGE」~お客様にもっと選ばれる会社へ~』を掲げており、2023年度は本計画の中間年度にあたります。
 本計画は、自然災害の多発・激甚化やデジタライゼーションの進展など、環境が大きく変化している中、当社が持続的な成長を果たしていくために取り組むべきことを考えた計画になっており、「お客様対応力の強化」と「未来志向の業務革新」の2つの基本方針を軸としています。
 当社は、協同組合・協同組織をはじめとした当社との関係性が深い多くのチャネルを有しており、この当社独自チャネルとの関係やお客様・代理店とのつながりを深め、維持・強化するとともに、新たなお客様・代理店とのつながりを拡大していくための「お客様対応力の強化」に取り組んでいます。
 また、環境変化に柔軟で生産性の高い業務を行っていくために、中長期的な視点を踏まえ、社内業務プロセスの変革や業務運営体制の構築、そして社員一人ひとりが活躍できる環境整備などの「未来志向の業務革新」を進めています。

 当社は、農林水産業協同組合、信用金庫・信用組合、生活協同組合をはじめとする協同組合・協同組織諸団体の前身である産業組合によって設立され、長年にわたり協同組合・協同組織諸団体と深い関係を保ってまいりました。こうした当社の基盤である協同組合・協同組織諸団体や、親交の深い企業・ディーラー・整備工場とその代理店、当社固有の販売チャネルである共栄プロクラブ・直販社員などすべての募集者との信頼関係をより一層強化することで、特色のある事業活動を展開してまいります。

 今後も、「共存同栄の精神」のもと、損害保険事業を通して、安心と安全を提供し、広く地域・社会の発展に寄与するとともに、常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待にお応えできるよう努めます。そして、当社の特色を活かした商品・サービスを提供することで、お客様にもっと選ばれる会社となれるよう全力で取り組んでまいります。
 皆様におかれましては、引き続き一層のご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役社長

石戸谷 浩徳