ホーム 共栄火災について > 共栄火災のSDGs

共栄火災のSDGs

社会の発展と人々の豊かな暮らしのために

当社は、1942年の創業以来、経営理念に「共存同栄の精神」を掲げ、社会とともに歩んできました。この理念は現在も変わることなく受け継がれ、事業活動を通じて、社会の発展と人々の豊かな暮らしを支えていくことが当社の使命であると考えています。

SDGs 〜世界を変えるための17の目標〜

経済や気候変動、自然災害といった課題がグローバルに連鎖して発生し、経済成長や社会問題にも波及して深刻な影響を及ぼす時代の中、2015年、国連は国際社会の普遍的な共通目標として「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「安全な水とトイレを世界中に」など17のゴール(目標)からなる「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals。通称:SDGs)を採択しました。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

当社は、当社の経営理念である「共存同栄の精神」とSDGsの目指す方向が同じであるとの認識のもと、当社の事業活動を通じて、SDGsの達成に貢献していきたいと考えています。

SDGs宣言
当社は、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の趣旨に賛同し、当社の経営理念である「共存同栄の精神」に基づき、保険商品やサービスの提供を行っていくことで、SDGs達成に向け貢献をしていきます。

事業活動を通じてSDGsの達成に貢献

当社は、社会の発展と人々の豊かな暮らしを支えていくことを使命として、当社の事業活動である保険サービスの提供を通じて「安心」と「安全」をお届けするとともに、SDGsの達成に向けて、特に「社会」「人」「食」「環境」の4項目に関連する課題に対して重点的に取り組みます。

地域社会への保険普及に向けた取組み
  • 飢餓をゼロに
  • 働きがいも経済成長も

当社は、持続可能な地域社会の実現に向け、地域の皆様との対話やリスク診断を通じて、全ての人々に保険サービスが提供されるよう、その普及に取り組みます。

  • check総合的な保険サービスの提供と補償へのアクセスの促進
  • check新たなリスクに対応した保険サービスの提供
  • check社会を取り巻くリスクの発見・予防への支援
健康的な社会の実現に向けた取組み
  • すべての人に健康と福祉を
  • 働きがいも経済成長も

当社では、保険サービスの提供を通じて、あらゆる人々が健康でいきいきと生活できる社会づくりに取り組んでいます。また、企業として持続的成長を維持していくため、従業員が心身ともに健康で働きがいをもって活躍できる企業を目指し、さまざまな取組みを実践しています。

  • check人々の健康を支える保険サービスの提供と情報の発信
  • check健康経営の取組み
食の安心・安全に向けた取組み
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • 安全な水とトイレを世界中に

当社では、保険サービスの提供を通じて、安心・安全な農産物の確保と持続可能な農業の推進に取り組んでいます。また、開発途上国への物資や金銭での支援を通じて、貧困や飢餓のない世界の実現を目指します。

  • check農業リスクに対応した保険商品の提供
  • check国際貢献活動の取組み
環境保全への取組み
  • 貧困をなくそう
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう

当社では、事業運営において紙資源の利用削減に貢献する取組みを進めています。また、自然環境の維持・向上に貢献することを目的に、森林の保全・育成活動に取り組んでいます。

  • check契約手続きや事務手続き、社内の業務における「ペーパーレス化」の推進
  • check森林保護活動の取組み
ページトップ