共栄火災利益相反管理方針(お客様の利益の保護を図るための方針)

本方針は、共栄火災海上保険株式会社(以下「当社」といいます。)及び当社のグループ金融機関(以下「当社等」といいます。)が行う取引によって、お客様の利益が不当に害されることがないよう、利益相反管理態勢を整備し、役員および従業員がこれを遵守することによって、もってお客様の利益を保護することを目的とします。

  • ※本方針における「当社のグループ金融機関」とは、全国共済農業協同組合連合会及び農林中金全共連アセットマネジメント株式会社のことをいいます。

1. 利益相反のおそれのある取引

本方針の対象となる「利益相反のおそれのある取引」(以下「対象取引」といいます。)とは以下の取引をいいます。

  1. (1)お客様の利益と当社等の利益が相反し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引
  2. (2)お客様の利益と当社等の他のお客様の利益が相反し、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引

2. 対象取引の管理方法

当社は、対象取引について、以下のような管理方法を選択・実施することで適切な管理を行ってまいります。

  1. (1)対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離する方法
  2. (2)対象取引または当該お客様との取引の条件または方法を変更し、または中止する方法
  3. (3)対象取引に伴い、当該お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客様に適切に開示および同意を取得する方法

3. 利益相反管理態勢

当社は、利益相反管理統括者、利益相反管理部署を定め、利益相反に関する情報の収集を行うとともに、利益相反のおそれのある取引の特定、管理を実施します。また、社内研修を通じて役員および従業員の意識向上に努め、適切な利益相反管理態勢を構築します。

4. 利益相反取引等の管理体制の検証

当社は、利益相反管理に係る業務運営体制について定期的に検証を行います。