1民法改正について(2020年4月1日施行)

 民法改正の概要については、当社ホームページを参照ください。

2「ライプニッツ係数」および「新ホフマン係数」の変更内容

 2020年4月1日に民法が改正され、法定利率が5%から3%に変更されます。また、法定利率は金利の情勢等に応じて3年ごとに見直されることとなりました。(見直しの結果、据え置かれることもあります。)

 自動車保険の人身傷害条項や傷害保険の被害事故補償特約では、後遺障害や死亡による逸失利益等の将来に渡って発生する損害額の算出に、「ライプニッツ係数」および「新ホフマン係数」(以下「ライプニッツ係数等」といいます。)を使用しています。

 このライプニッツ係数等は法定利率をもとに算出しているため、この法定利率の変更に伴いライプニッツ係数等が変更となる予定です。

 ライプニッツ係数等を使った計算は、将来の利息の額を控除するために行うものです。このため、法定利率が低いほど保険金は大きく、法定利率が高いほど保険金は小さくなります。今回の変更によりお支払いする保険金の額が増加します。計算例は次の通りです。

自動車保険における死亡による逸失利益の計算例

  • ○ 計算の前提条件

    被保険者の事故前の収入額:600万円

    被扶養者:0人(生活費控除率:50%、生活費:300万円(収入額×生活費控除率))

    就労可能年数:30年

  • ○ 死亡の逸失利益は次の算式により、計算されます。

    ( 収入額 - 生活費 ) × 就労可能年数に対するライプニッツ係数

  • <計算例1> 法定利率:5%の場合

    就労可能年数30年に対応するライプニッツ係数は「15.3725」

    ( 600万円 - 300万円 ) × 15.3725 = 4,611万7,500円

  • <計算例2> 法定利率:3%の場合

    就労可能年数30年に対応するライプニッツ係数は「19.600」

    ( 600万円 - 300万円 ) × 19.600  = 5,880万円

    • 法定利率が3%の場合のライプニッツ係数は2019年3月時点では未確定の数字です。
    • (注)上記は自動車保険の例となります。傷害保険では係数および計算方法が異なります。

3変更の適用日

 法令の適用は事故日が基準となりますので、現在の約款の記載や保険始期日にかかわらず、2020年4月1日以降に発生した事故に変更後のライプニッツ係数等を適用することを予定しています。

4ライプニッツ係数等を使用している当社商品

 変更の適用日となる2020年4月1日以降、現在の約款に記載されたライプニッツ係数等が変更となる予定の当社商品は以下のとおりです。

    • 変更予定のライプニッツ係数等の数値は現時点では未確定ですが、具体的な係数は、数値が確定し次第、別途掲載します。
    • ○ 自動車保険

      商 品 名
      KAPくるまる(総合自動車保険)
      KAPベーシス(一般自動車保険)
      • 人身傷害保険の補償に限ります。
    • ○ 傷害保険

      商 品 名
      普通傷害保険
      家族傷害保険
      安心生活総合補償保険(普傷型)
      安心生活総合補償保険(家傷型)
      標準傷害保険
      • 被害事故補償特約を付帯したご契約に限ります。
        被害事故補償特約を付帯していない契約の場合、今回の変更内容は影響ありません。