自動車保険に関するご質問

Q

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは何ですか?

A
回答

それぞれの保険の違いは補償される範囲と保険金のお支払い方法にあります。

<補償される範囲>

[人身傷害保険]
ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故により死傷された場合や後遺障害を負われた場合に保険金をお支払いします。
「KAPくるまる」の人身傷害保険では、お客様やご家族の方が他の自動車に搭乗中の事故や歩行中の自動車事故によるケガなどについても保険金をお支払いします。

  • ※「人身傷害保険の被保険自動車搭乗中危険限定補償特約」をセットされた場合は、ご契約のお車に搭乗中のみ補償の対象となります。

[搭乗者傷害保険]
ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故により入院された場合に保険金をお支払いします。
「搭乗者傷害保険の死亡保険金・後遺障害保険金支払に関する特約」をセットされた場合は、死亡されたときや後遺障害を負われたときにも保険金をお支払いします。
「搭乗者傷害保険の入通院一時金特約」をセットされた場合は、ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故により入院または通院された日数に応じた保険金をお支払いします。

<保険金のお支払い方法>

[人身傷害保険]
お客様ご自身の過失分を含め、実際の損害額(※)について保険金額の範囲内でお支払いします。

  • ※損害額は、保険約款に定める損害額基準に従い共栄火災が認定させていただきます。なお、その額が、示談や裁判による認定額とは異なる場合があります。

[搭乗者傷害保険]
入院日数にかかわらず、補償の対象者(被保険者)1名につき10万円をお支払いします(搭乗者傷害の入通院一時金特約がセットされている場合を除きます)。
「搭乗者傷害保険の死亡保険金・後遺障害保険金支払に関する特約」をセットされた場合、以下の金額を保険金としてお支払いします。
死亡された場合・・・・・・・ご契約金額の全額(すでにお支払いした後遺障害保険金がある場合は、ご契約金額からすでにお支払いした金額を控除した残額)
後遺障害を負われた場合・・・後遺障害の程度に応じてご契約金額の4%~100%
「搭乗者傷害保険の入通院一時金特約」をセットされた場合、補償の対象者(被保険者)1名につき、入院または通院の日数に応じた以下の金額を保険金としてお支払します。
入院または通院の日数が1日以上5日未満・・・1万円
入院または通院の日数が5日以上・・・・・・10万円
ただし、この特約をセットされた場合、搭乗者傷害保険(入院一時金)による保険金は支払われません。

自動車保険