各種手続きに関するご質問

Q

地震保険料控除証明書が「地震保険料・旧長期損害保険料控除証明書」となっていますが両方とも控除できるのですか?

A
回答

長期損害保険契約等(経過措置対象契約)(※)、地震保険料控除の対象となる契約の両方に該当する場合は、どちらか一方の控除のみ適用されますので、お客様の他の契約の保険料控除の状況に合わせて、どちらかを選択してください。

  • ※長期損害保険契約等(経過措置対象契約)について
    「地震保険料控除」の創設に伴いまして、火災保険、傷害保険等に対する「損害保険料控除」は2006年(平成18年)12月末をもって廃止となりました。
    しかし、経過措置として、以下の要件を満たす一定の長期損害保険契約等に係る損害保険料につきましては地震保険料控除の対象とすることができます。
  • ・保険始期日が2006年(平成18年)12月31日以前のご契約
  • ・保険期間が10年以上で満期返れい金等があるご契約
  • ・2007年(平成19年)1月1日以後、保険料の変更が生じる異動がないご契約
  • ※詳しくは下記ページをご参照ください。

各種手続き