お役立ち情報/情報ものしり帖


「人生よかった」カルタで探せ


遊びながらプラス思考が身につくカルタが注目を集めています。その名も「人生よかったカルタ」。読み札や絵札に描かれているのは失敗や挫折ばかり。けれども物事は考え方次第でプラスに転じ、自分の力になると気付かせてくれます。新型コロナの緊急事態宣言は5月下旬に解除されましたが、引き続き自宅で過ごす時間は多く、思考がついネガティブになりがちです。そんなとき、親子で「よかった探し」をして明るい気分になってはいかがでしょうか?

「人生よかったかるた」を楽しむ子どもたち(イラスト)◆「なぜ」をポジティブに

「『こ』校長先生の話が長くてよかった」「『む』むし歯ができてよかった」――。「人生よかったカルタ」の読み札と絵札には、ネガティブにとらえがちな言葉や絵が描かれています。通常のカルタと同様に1人が札を読み上げ、絵札を見つけた人は「よかった!」と言って札を取る。取った人は「なぜよかったのか」を考え、ポジティブな言葉で発表します。例えばこんな具合です。

「て」 転校してよかった

回答例 よかった! 新しい友達がたくさんできたから

「な」 仲間はずれになってよかった

回答例 よかった! 独りぼっちの人の気持ちがわかったから

回答は一つではないので、一緒に遊ぶ人の意見も参考になり、さまざまなとらえ方や考え方があることに子どもたちは気付きます。いじめや仲間はずれなどセンシティブな内容も含まれますが、動物などを主人公にしたユニークで親しみやすい絵札のおかげで客観視でき、前向きに考えられる仕掛けです。家族で楽しめる「こども版」のほかに「大人版」「おじさん版」もあります。

◆休校後に注文相次ぐ

考案したのは、ビジネスコンサルティングなどを手がけるHIROWA(ヒロワ、東京都渋谷区)の和田裕美代表。セミナー受講者に職場の研修などで役立ててもらおうと「大人版」を作ったところ、小学校教諭の目に留まり、子ども向けも作ってほしいと頼まれました。千葉県八千代市の小学校の協力を得て、子どもたちに読み札の言葉を考えてもらい、2017年12月に「こども版」を発売しました。

当初から広告宣伝はしておらず、時折小学校からの注文が10個単位で入る程度でした。ところが今年に入り学校が休校になって以降、口コミで知った個人からの注文や問い合わせが相次いでいます。3月以降はそれまでに比べ月3倍以上の売れ行きで、4月下旬に増刷を決めたといいます。和田代表は「家にこもっていると子どもに注意する回数が増え、どうしてもイライラしてきます。親子で『よかった探し』をすることは、親の精神安定にもつながっているようです」と話しています。

子どもの思いがけない本音を聞く親(イラスト)大阪府交野市の酌井早苗さん(43)は、和田代表のブログでカルタの存在を知り「元々ボードゲームやカードゲームが好きだったので買ってみました」。小学6年生の長女と遊んでいるが「子どもの思いがけない本音が聞けることもあります。いいことを考えて言葉にするので、遊んでいると笑顔になり『あったかい時間』が過ごせます」と満足そうです。

「人生よかったカルタ」のこども版は1650円。公式サイトのほかアマゾンでも購入できます。


毎日新聞統合デジタル取材センター

Copyright© 2003 - 2020 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2020年6月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。