お役立ち情報/情報ものしり帖


アレルギー表示義務にクルミ追加へ


くるみ(イラスト)クルミを食べてアレルギーを発症するケースが増えているとして、消費者庁は食品の原材料で表示の義務があるアレルギー物質に、クルミを追加する方向で手続きを進めています。健康志向を背景にクルミの輸入量は10年前に比べ倍増しており、食べる機会も増えていますが、症例の増加と関わりがあるのでしょうか。取材してみると、意外な関係が浮かび上がりました。

●学校給食で初めて口に…緊急搬送

「クルミにアレルギーがあるなんて知らなかった」。埼玉県蕨市の小学3年の女児(9)の母親(46)が語ります。2年前、女児が学校給食のメニューに使われていたクルミを食べて発症しました。学校から連絡を受けて駆けつけると、まぶたが腫れ、人相も変わった女児が保健室のベッドに横たわっていました。意識がもうろうとした状態で病院に救急搬送され、クルミによるアレルギーと診断されましたが、無事に回復しました。母親は「娘がクルミを食べたのはその時が初めて。アレルギーはひとごとだと思っていたので驚いた」と振り返ります。

食品表示法では、アレルギーによる健康被害が多く報告されている食品を「特定原材料」とし、食品表示が義務づけられています。現在は▽卵▽乳▽小麦▽ソバ▽落花生▽エビ▽カニ――の7品目が指定されています。クルミが追加されれば2008年のエビ、カニの指定以来となります。

消費者庁は国立病院機構相模原病院(相模原市)に委託し、3年ごとに食物アレルギーの全国調査をしています。18年度の調査では、食物アレルギーの発症例4851件のうち「木の実類」が前回の15年度調査の8位から4位に入りました。木の実類のうち、クルミが251例と最多で約6割を占め、以下カシューナッツの82例、アーモンドの21例――と続きます。また、クルミによる「アナフィラキシーショック」(急性の激しいアレルギー症状)の症例は15年度調査の7例から42例に増えました。これは既に特定原材料に指定されている落花生やエビなどの4品よりも多いです。

クルミなどの木の実類を初めて食べた子どもがアレルギーを発症するケースも目立ちました。3〜6歳では初めて食べて発症した食べ物のうち、木の実類が32.5%と最多。1〜2歳(13.8%)や7〜17歳(14.6%)の年代でも、それぞれ3番目に多いです。

国内で消費されるクルミの多くは輸入品で、東京税関によると輸入量は10年の9436トンから18年には約2倍に当たる1万8796トンに増えました。クルミは消費者庁の栄養機能食品制度で「皮膚の健康維持を助ける栄養素」とされるオメガ3脂肪酸などを含みます。米カリフォルニア州産クルミの販売促進に務める「カリフォルニアくるみ協会」日本代表事務所(東京都)の担当者は「クルミに含まれる栄養が知られ、消費量が増えているとみられる。ヘルシーなスナックとして、おやつ代わりに食べる流行もあり、追い風になったのでは」と分析しています。

発症例の増加は「周りの人が食べるから」?(イラスト)●発症例の増加は「周りの人が食べるから」?

では、クルミをたくさん食べると、アレルギーを発症するリスクは高まるのでしょうか。消費者庁の全国調査に参加した昭和大医学部の今井孝成教授(小児アレルギー)は、日常的に米飯を食べる習慣の日本でも、米に対するアレルギーの症例が少ないことを例に挙げ、否定的な見解を示しました。その上で「クルミアレルギーの発症例が増えた要因は、摂取量が増えたためではなく、周囲にいる人たちが食べる機会が増えたことの方が大きいだろう」とみています。

どういうことなのでしょうか。食物アレルギーを巡る最近の研究では、湿疹や乾燥で肌のバリアー機能が低下した時に、本来なら体に侵入しないアレルギーの原因物質が皮膚から入り、アレルギー体質になることが明らかになっています。ピーナツでも、皮膚を通して発症したケースが報告されています。湿疹などの悪化はアレルギー発症リスクを高めるとの見方もあり、予防には肌を良い状態に保つことが重要だとされています。

今井教授は「例えば、流行の糖質ダイエットで炭水化物の代わりにと、親がたくさんクルミを食べたとする。すると家の中でクルミが床の上や空気中に飛び、子の皮膚や気道粘膜から体内に入り、食べたことがないのにクルミのアレルギーを発症しやすくなる。そして初めて食べた時、急激なアレルギー反応を起こすケースが考えられる」と解説します。

一般に食物アレルギーは子どもに多いと言われるが、大人でも発症するケースはあります。アレルギーを巡っては予防法がいまだ確立しておらず、さまざまな研究が進んでいます。皮膚を通して発症することも念頭に置きながら、クルミに限らず、健康被害を起こさないためにも栄養バランスに気をつけて偏った食べ方には注意した方が良さそうです。

今後、クルミのアレルギー表示の義務化に向けては、事業者が出荷する加工食品にクルミが含まれていないかを調べる検査方法が必要になります。他のナッツ類などと混同して反応しないことも求められるため、消費者庁は今年度から3年程度をかけて検査方法を開発する予定です。


毎日新聞くらし医療部

Copyright© 2003 - 2020 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2020年12月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。